SWsoft、Microsoftとのサポート契約を発表

Microsoft Windows上の仮想化ユーザへのカスタマーサービス強化につながる契約を締結 (米国報道発表資料抄訳)

Parallels 2007年02月21日

米国バージニア州ハーンドン発、2007年2月20日、SWsoft, Inc.(以下SWsoft)は、自社の顧客対応強化につながる契約をMicrosoft Corp.(以下Microsoft)と結びました。この協定は、SWsoftのサーバ仮想化ソフトウェア「Virtuozzo for Windows」を利用する企業およびホスティング顧客に利益をもたらします。この契約期間は3年間です。

仮想化と自動化ソフトウェアのリーダーであるSWsoftは、数々の賞を受賞したOS仮想化ソフト「Virtuozzo」のメーカーです。

この契約の一部として、Virtuozzoの仮想環境内にてWindowsベースのアプリケーションを稼動させている企業およびホスティング顧客のために、SWsoftはMicrosoftより24時間365日のサポートを受けます。

SWsoftの最高経営責任者(CEO)であるSerguei Beloussov(セルゲイ・ベローゾフ)は次のように述べています。「Microsoftのサポートと専門技術という追加メリットを加えながら、 SWsoftは顧客との直接のつながりを継続していきます。我々は SWsoftにおけるWindows版の仮想化製品の幅と機能性を広げていきます。また、我々の顧客のために、より緊密にMicrosoftと協力していきます。」

MicrosoftのワールドワイドホスティングのディレクターであるJohn Zanni(ジョン・ザンニ)氏は次のように述べています。「仮想化は業界を継続的に成長させるためのクリティカルな技術です。SWsoftと協力して最高水準のサポートを提供することによって、サービスプロバイダーのコスト削減と効率向上を助ける仮想環境導入への促進が継続されることを期待しています。」

このプレスリリースの付帯情報

SWsoft

用語解説

仮想化の性能と管理性
SWsoftのVirtuozzoは、単一のWindows OSインスタンスを動的に複数の高効率な仮想環境(VE)に分割することが可能です。Virtuozzoは単一の物理サーバ上に数百もの仮想環境を作成することが可能です。

仮想マシンやハイパーバイザーと異なり、Virtuozzoは、現在のデータセンターが直面しているOSの無秩序な拡散(スプロール)現象の課題に取り組みます。Vituozzoのユニークなアーキテクチャーと豊富な管理ツールは、仮想サーバリソースのプロビジョニングをはじめ、監視や管理などにおける理想的なソリューションです。

SWsoftについて
SWsoftはサーバ仮想化と自動化ソフトウェアにおけるグローバルリーダーです。10,000 社を超える顧客がSWsoft製品の実証されたパフォーマンスと管理機能を利用してIT インフラストラクチャを最適化しています。1999年設立のSWsoftは、北米、欧州、アジアの全域に事業所があります。SWsoftに関する詳しい情報は、Tel: 03-3544-6913 もしくは、www.swsoft.com/jpをご覧ください。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから