クラビットとサンストリーム、2006年度 早稲田大学 卒業式の映像をH.264方式で大規模ライブ配信

ブロードバンド動画の高品質、安定配信において協力

株式会社サンストリーム 2007年03月28日

 クラビット株式会社と株式会社サンストリームは、共同で、2007年3月25日(日)に行われた「早稲田大学 卒業式・大学院学位授与式(第2回)」の模様を、動画圧縮規格H.264方式を用い、インターネット上で高画質ライブ配信いたしました。

 クラビット株式会社 (リンク ») (本社:東京都港区、代表取締役社長:橋本 太郎、以下クラビット)は、ブロードバンド時代の大規模安定配信を目的にしたCDN *1(コンテンツ・デリバリー・ネットワーク)事業として「ブロードメディアCDN」 (リンク ») を展開していますが、この度、高画質映像のストリーミング配信ソリューションを展開する株式会社サンストリーム (リンク ») (本社:兵庫県神戸市、代表取締役:小橋 康浩、以下サンストリーム)と共同で、2007年3月25日(日)に行われた2006年度 早稲田大学 卒業式・大学院学位授与式(第2回) (リンク ») の模様を、動画圧縮規格H.264方式 *2を用い、インターネットにてライブ配信いたしました。

 今回のライブ配信は、動画圧縮規格H.264方式を用いることにより、デジタル放送クラスの高画質な動画配信を実現しました。また、配信にあたっては、当日卒業式に参加できない早稲田大学卒業生のご家族や国内外で卒業を迎える人間科学部eスクール卒業生等、多数の視聴を想定し、大学の卒業式ライブ配信としては国内最大級の規模となるよう設定いたしました。

 クラビットは大規模かつ安定配信を支えるネットワーク・インフラを、サンストリームは自社のACQULIA(アクリア)LIVE *3によるリアルタイム・エンコーディング(符号化)技術およびストリーミング・サーバ技術を、それぞれ担当いたしました。

 クラビットとサンストリームは、今後も協力してブロードバンドを利用したコンテンツの高品質、安定配信に積極的に取り組んでまいります。


【クラビット株式会社の概要】
社名:クラビット株式会社
代表者:橋本 太郎
所在地:東京都港区赤坂8-4-14 青山タワープレイス6階
設立:1996年9月5日
事業内容:ソフトバンクグループの中で、放送メディア事業セグメントに属す。技術プラットフォームを持ち、ブロードバンドを利用したコンテンツ流通事業を展開

【株式会社サンストリームの概要】
社名:株式会社サンストリーム
代表者:小橋 康浩
所在地:兵庫県神戸市中央区伊藤町119三井生命神戸三宮ビル12階(本社)
      東京都渋谷区恵比寿西2-7-3東京ケータリングビル7階(東京オフィス)
設立:2004年1月28日
事業内容:H.264方式を用いた、高画質、高速レスポンス、低帯域の動画配信サーバソフトウェア「サンストリーム アクリア(ACQULIA)」の開発、販売

以上

【本件に関するお問い合わせ先】
クラビット株式会社 広報・IR担当 Tel:03-6439-3983
株式会社サンストリーム 経営管理本部 Tel:03-5728-3937

用語解説

*1 CDN(コンテンツ・デリバリー・ネットワーク)
 エンドユーザから一番近いサーバより配信することで、リッチコンテンツの快適な配信を実現する技術です。コンテンツ配信のボトルネックを解消し、スムーズなインタ-ネット接続を可能にすることで、ブロードバンド利用(常時接続)環境を改善します。

*2 H.264方式(H.264/MPEG-4 AVC、H.264/AVC、AVC)
 2003年にITU-Tによって策定された先端の動画圧縮の規格で、従来方式であるMPEG-2などの2倍以上の圧縮効率を実現し、極めて少ない容量で高画質な動画を再生することが可能。次世代DVD、ワンセグ、PSP、iPodなどにおける符号化方式として幅広く利用されています。

*3 ACQULIA(アクリア) LIVE
 ソフトウェアベースのライブ・エンコーダと、ストリーミング(配信)、クレデンシャル(認証)、ロードバランシング(負荷分散)サーバからなり、ライブ映像を秒間30フレーム、遅延約2秒で配信可能な、高画質かつ安全なライブ・ストリーミング・ソリューションです。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社サンストリームの関連情報

株式会社サンストリーム

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!