エス・エス・ジェイ、 新しい事業方針「Great Evolution」を発表

~ SuperStream事業強化のため、商品企画専門部署の設置とパートナー支援強化を実施 ~

スーパーストリーム株式会社 2007年04月19日

エス・エス・ジェイ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:竹内伸、以下SSJ)は、新しい事業方針「Great Evolution」を策定し、SuperStream(スーパーストリーム)製品およびサービスの強化とパートナー戦略の強化を行うことを発表いたします。 今回の決定により、SSJはお客様に対し、より高品質な製品とサービスを提供し、お客様満足とパートナー満足の向上を目指します。

SSJの2007年度の事業戦略は、新しい事業方針「Great Evolution」に基づいています。「Great Evolution」では、SSJとSuperStreamが新たなフェーズに飛躍し、お客様のニーズ・期待に対応した高品質な製品とサービスを提供することに加え、SuperStreamパートナーのビジネスに対する支援の強化を目指し、中堅企業市場の発展に貢献してまいります。

「Great Evolution」における基本方針は以下のとおりです。
1. 「コミュニケーション」の進化
  お客様の生の声をこれまで以上に製品・サービスに反映させるため、
お客様とのコミュニケーションを「進化」させる。
2. 「ブランド」の進化
  お客様の付加価値向上につながるブランドへとSuperStreamを「進化」させる。
3. 「グローバル」への進化
  グローバル化されていくお客様に対応していくために、
SuperStreamのコンセプトをグローバルなものに「進化」させる。
  
SSJでは新年度より、この「Great Evolution」のコンセプトに基づき、製品・サービス企画におけるR&Dとプロダクトマーケティング活動を集約した商品企画部を新設、商品企画プロセスを強化することにより、さらに付加価値の高い商品の開発・提供を目指します。

また、商品情報の提供や顧客ニーズの発掘などを通じて、SSJが市場に直接アプローチすることにより、SuperStreamパートナー支援の強化を実施し、お客様およびパートナーへの利益創出を図ります。SSJはお客様、パートナーと共に、さらなる市場での拡大と飛躍を図り、進化してまいります。

背景
SSJは、1995年のSuperStream発売開始以来約12年間、日本の中堅企業向け財務会計・人事/給与パッケージの先駆者として、市場の拡大を牽引してきました。現在、企業においては、新会社法や内部統制、国際化による会計基準の変更など制度改正への対応、人材を人財とする風潮が高まる中での戦略的人材活用が求められています。SSJはそれらニーズにスピーディに応えるため、この度、新しく専門部署として商品企画部を設置し、さらに販売体制を整備・強化するため、SuperStreamパートナーへの支援を強化いたします。今後、更なる製品の品質とサービスを向上させ、パートナーと共にお客様満足の一層の向上を目指し、中堅企業市場を牽引するリーディングカンパニーになると共に、更なるシェア拡大を図ります。

以上

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?