韓国のWiBroは野心満々のサービス開始にもかかわらず波乱の幕開け

株式会社データリソース 2007年06月15日

WiBroはフルスケールの新しいネットワーク展開を安いコストで既存のあらゆる携帯電話技術よりも早いデータ信号速度やデータと音声アプリケーションの両方のQoSを実現したが、サービス導入の遅れによって、オペレータの計画や、広範なデバイスやネットワークへの投資、さらにはユーザーも慎重になっている。

WiBroはようやくスタートし、通信サービス市場でそれなりの地位を保つだろうと米国調査会社インスタット社は報告する。2006年6月に、韓国はモバイルWiMAXを開始する世界最初の国となり、独自の無線ブロードバンド「WiBro」を命名した。WiBroの大きな特徴である、フルスケールの新しいネットワーク展開を安いコストで実現し、既存のあらゆる携帯電話技術よりも早いデータ信号速度や、データと音声アプリケーションの両方のQoSは、確かに多くのオペレータとっては魅力である。しかし、サービス導入の遅れによって、オペレータの計画や、広範なデバイスやネットワークへの投資、さらにはユーザーも慎重になっている。

インスタット社は、下記についても調査した。

■ ネットワークカバレッジエリアと使用できるユーザー向けデバイスの不足が、サービス初期のWiBroの導入を減速させている
■ KTは、韓国でのWiBroサービスの主要なプロモータになるだろう
■ 韓国のWiBroオペレータとデバイスメーカーは、国際市場を注視し、世界のWiMAX市場の成長によって高い利益を上げることを期待している

インスタット社の調査レポート「韓国のWiBro市場:大きな期待を裏切る市場の立ち上がり - WiBro in Korea: Ambitious Launch - Turbulent Take Off」は、昨年初めてサービスを開始した韓国の無線ブロードバンド(WiBro)の新発売を分析している。主要オペレータや機器ベンダのプロフィールと、サービスプランの競争分析、マーケティングの主導権、2012年までの韓国での加入者数、機器の出荷数と収益を予測している。


[調査レポート]
韓国のWiBro市場:大きな期待を裏切る市場の立ち上がり
WiBro in Korea: Ambitious Launch - Turbulent Take Off
(リンク »)

インスタット (In-Stat)について
(リンク »)

※このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR