ライブドアのリサーチ事業 [BizMarketing サーベイ]、エムレポート発行のモバイル・マーケティング・レポート15タイトルを販売開始

~ モバイルユーザーを対象にしたオリジナルのアンケート調査を共同提供 ~

株式会社ライブドア 2007年07月10日

株式会社ライブドア(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:出澤 剛)は、企業向けマーケティングリサーチサービスを提供している【BizMarketing サーベイ】のレポート販売サイト[SurveyReport]において、モバイル・マーケティング・レポートの企画・制作を行うエムレポート(代表:大門太郎)がまとめた『携帯電話向けSNSの最新動向』『iDの現状と最新動向』『携帯電話ゲームの最新動向』他、既刊レポート15タイトルの販売を開始いたしました。 同時に、市場分析レポートと連携し、特定サービスのユーザーを対象にしたオリジナルのアンケート調査(個別受託による市場調査)を、エムレポートと共同して販売開始いたします。

 
□BizMarketing サーベイ [SurveyReport]
(リンク »)

□BizMarketing サーベイ
(リンク »)

□エムレポート
(リンク »)

■詳細

2002年8月の創刊以来、発刊総数118タイトル、売上総本数約2,000本の実績があるモバイル・マーケティング・レポートの企画・制作を行うエムレポートでは、携帯電話関連の通信事業社・端末メーカー各社の市場動向、携帯電話に関連する各種コンテンツ・サービスに関する市場分析・最新動向などをレポートにまとめて発刊しています。

このたび、『携帯電話向けSNSの最新動向』『iDの現状と最新動向』『携帯電話ゲームの最新動向』を含む、既刊レポート15タイトルについて、ライブドアの運営する企業向けマーケティングリサーチサービス【BizMarketing サーベイ】のレポート販売サイト[SurveyReport]において販売を開始いたしました。

また、同時に、モバイル関連特定サービスのユーザーを対象にしたオリジナルのアンケート調査(個別受託による市場調査サービス)を、エムレポートと共同して販売開始いたします。エムレポート発刊資料により、モバイル関連特定分野の最新市場動向について情報収集することに加え、BizMarketing サーベイのアンケート調査により、特定サービスごとのユーザー実態やユーザー層からの生の声によるニーズ把握など、独自調査を実施してオリジナルの詳細なマーケティングデータについても収集することができます。

■既刊レポート商品タイトル

『携帯電話向けSNSの最新動向』
『携帯電話向け検索サービスの最新動向』
『ワンセグ市場の最新動向 (2) 』
『ワンセグ市場の最新動向』
『iDの現状と最新動向』
『GPSケータイ市場の動向と今後の展望(2) 』
『GPSケータイ市場の動向と今後の展望』
『スマート・フォンの最新動向』
『着信メロディ市場の動向と今後の展望(4) 』
『携帯電話ゲームの最新動向 (2) 』
『携帯電話ゲームの最新動向』
『キッズ・ケータイの最新動向』
『IPケータイの動向と各社の戦略 (3) 』
『携帯電話向け電子書籍市場の動向と今後の展望 (2)』
『携帯電話向け電子書籍市場の動向と今後の展望』

■参考URL

BizMarketing サーベイ
(リンク »)

■エムレポート

設立:2003年3月
代表者:大門 太郎
事業内容:モバイル・マーケティング・レポート「mレポート」の企画/制作/発行
取扱商品:mレポート
URL: (リンク »)

■報道関係の方のお問合せ先

株式会社ライブドア 広報・宣伝グループ
電話:03-5155-0100
E-mail:press@livedoor.jp
URL: (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ライブドアの関連情報

株式会社ライブドア

株式会社ライブドアの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!