ワークゲート株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:泉 健太)は、 2007年6月14日より、ネットマーカーズ株式会社(所在地:東京都新宿区、 代表取締役:河野 博史)と求人情報に関して提携、同社が運営する求人情報 検索エンジン『転職jp』に対し、ワークゲート社

ワークゲート株式会社、求人情報でネットマーカーズ株式会社と提携 『転職jp』に『ワークゲート』のコンテンツ提供を開始

ワークゲート株式会社 2007年07月11日

-----------------------------------------------------------------
報道関係者各位
プレスリリース                      2007年7月11日
                         ワークゲート株式会社

===================================
  ワークゲート株式会社、求人情報でネットマーカーズ株式会社と提携
     『転職jp』に『ワークゲート』のコンテンツ提供を開始
===================================

ワークゲート株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:泉 健太)は、
2007年6月14日より、ネットマーカーズ株式会社(所在地:東京都新宿区、
代表取締役:河野 博史)と求人情報に関して提携、同社が運営する求人情報
検索エンジン『転職jp』に対し、ワークゲート社の運営する求人情報サイト
『ワークゲート』のコンテンツの提供を開始しました。

『転職jp』: (リンク »)
『ワークゲート』: (リンク »)

これにより求人掲載企業は、『ワークゲート』に求人案件を登録すると同時に
『転職jp』にも掲載可能となります。
また、ワークゲート社は『ワークゲート』の豊富な求人情報の提供により、
『転職jp』のコンテンツ充実に貢献したいと考えています。

『ワークゲート』は2006年6月よりサイトリリース。従来の求人サイトで採用
されている掲載枠課金や期間課金ではなく、掲載費無料で応募数に応じた応募
課金型が好評で、リリース後約1年で求人案件数6,800件を突破しました。
また、事務・営業系は『ワークゲート』、エンジニア・クリエイターは
『ITワーク』、飲食・販売は『街わーく』、派遣・紹介予定派遣は
『派遣ワーク』と、求める人材に応じた4媒体(サイト)に一括で求人広告を
出す事ができ、応募数の制限により予算内で人材を確保できるのも特徴です。
本年度中に14,000案件突破を見込んでいます。

代表:泉 健太は下記の通り述べています。
「“企業と求職者とのより良いマッチング”を目指し、様々な入り口を持つ
ことが必要と考え、今回のようなコンテンツ提供はその一環となります。」

本年度中には携帯サイトのリニューアルを行い、今後も更なるサービスの
向上に努めます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ワークゲート株式会社 概要
URL   : (リンク »)
設立  : 2006年1月23日
資本金 : 4,450万円(資本準備金2,950万円)
従業員数: 10名(アルバイト含む)
事業内容:
1.求人事業 応募課金型求人サイトの運営
      『ワークゲート』 (リンク »)
      『街わーく』 (リンク »)
      『ITワーク』 (リンク »)
      『派遣ワーク』 (リンク »)
2.EC事業  オンラインショップの運営
      『メンフィスキュア』  (リンク »)
      『イーペン.jp』  (リンク »)
3.インターネット事業の開発・運営・コンサルティング事業

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ワークゲート株式会社の関連情報

ワークゲート株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?