中小規模事業者の経営者限定講座「フォーバル・ビジネス・カレッジ」開講

経営者が把握すべき知識・課題、持つべき視点、身に付けておきたいノウハウやスキルを専門家が提供する社長限定講座

株式会社フォーバル 2007年11月20日

総合ブロードバンド・ソリューションを提供する株式会社フォーバル(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長兼社長:大久保 秀夫、JASDAQ上場)は、12月4日から13日の間に、全7回にわたり、中小規模事業者の経営者限定講座「フォーバル・ビジネス・カレッジ」を開講することを発表しました。

「フォーバル・ビジネス・カレッジ」は、フォーバルの情報通信コンサルタントが日頃、中小規模事業者の経営者からヒアリングしている悩みや課題を抽出し、その悩みや課題を7つの講座に分け、問題解決するために必要な情報やノウハウを提供することを目的としています。経営者が把握しておくべき財務関連の知識や売上アップなどの課題、経営者として持つべき視点や身に付けておきたいノウハウやスキルを、各分野の専門家によるカリキュラムで構築されています。詳しい講座内容は、以下の通りです。

講座概要

1.具体例で学ぶ、「会社にお金を残す」ための実践セミナー

◆日時:2007年12月 4日(火)10:30~12:30
◆場所:渋谷T’s東宝ビル別館
◆定員:30名(先着順・事前登録制)
◆料金:3,000円
◆講師:西内 孝文(税理士、社会保険労務士、中小企業診断士、行政書士、FP、アストラット株式会社 代表取締役、元経済産業省後援ドリームゲート登録アドバイザー(相談件数ナンバー1)


2.中小企業オーナーのためのM&Aセミナー
「社長も社員もハッピーになれる会社の売り方・買い方をずばり教えます!」

◆日時2007年12月 4日(火)14:00~16:00
◆場所:渋谷T’s東宝ビル別館
◆定員:30名(先着順・事前登録制)
◆料金:3,000円
◆講師:佐武 伸(公認会計士、米国公認会計士、税理士)


3.あなたの会社は銀行にどのように見られているか?
◆日時:2007年12月 5日(水)10:30~12:30
◆場所:渋谷T’s東宝ビル別館
◆定員:30名(先着順・事前登録制)
◆料金:3,000円
◆講師:田口 修(税理士)


4.売れない時代に売る! あなたの会社の売上はこうして上げる

◆日時:2007年12月 5日(水)14:00~16:00
◆場所:渋谷T’s東宝ビル別館
◆定員:30名(先着順・事前登録制)
◆料金:3,000円
◆講師:池田 俊文(税理士)


5.失敗しない会社設立 会社法を120%活用した会社設立セミナー
◆日時:2007年12月 6日(木)10:30~12:30
◆場所:渋谷T’s東宝ビル別館
◆定員:30名(先着順・事前登録制)
◆料金:3,000円
◆講師:丹羽 克裕(公認会計士、税理士)


6.すべては人財から始まる!経営者が忘れがちな業績アップの決め手
◆日時:2007年12月 6日(木)14:00~16:00
◆場所:渋谷T’s東宝ビル別館
◆定員:30名(先着順・事前登録制)
◆料金:3,000円
◆講師:伊藤 満(社会保険労務士)


7.資金繰りを楽にするマル秘対策公開セミナー
「売上利益はそのままで会社にキャッシュを残す!」

◆日時:2007年12月13日(木)10:00~11:30
◆場所:京橋・F&Mセミナールーム
◆定員:30名(先着順・事前登録制)
◆料金:3,000円
◆講師:下宿 貴幸(財務改善コンサルタント)


「フォーバル・ビジネス・カレッジ」への申し込み方法

◆メールによる申し込み
貴社名・電話番号・FAX番号・ご参加者の役職及び氏名・業種・社員数をご記入の上seminar@forval.co.jp 宛

◆ホームページからの申し込み
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社フォーバルの関連情報

株式会社フォーバル

株式会社フォーバルの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?