2012年にも携帯電話向けのストレージ市場を支配しているフラッシュメモリ

株式会社データリソース 2007年11月21日

米国の調査会社パークスアソシエイツ社は、出版レポート「携帯機器向け記憶装置市場の将来性:分析と予測 - Storage Opportunities for Handheld Devices: Analysis and Forecasts」において、今後数年間は、携帯機器向けストレージではハードディスクドライブのビジネスチャンスは小さいながらも注目に値するものだが、携帯電話ではフラッシュメモリが独占し続けると予測結果を報告している。

今後数年間は、携帯端末のストレージではハードディスクドライブに小さいが注目に値するビジネスチャンスがあるだろう。しかし、携帯電話ではフラッシュメモリが独占し続けるだろうと、米国調査会社パークスアソシエイツ社の調査レポート「携帯機器向け記憶装置市場の将来性:分析と予測 - Storage Opportunities for Handheld Devices: Analysis and Forecasts」は報告する。この調査レポートによれば、2007年の携帯電話の99%がフラッシュメモリを搭載し、2012年末には96%になるだろう。この小さな減少は、新しく携帯デバイスへのハードディスクドライブの搭載がすすむことによるものである。

「フラッシュメモリの長所である不揮発性、高速読取り、衝撃耐性によって、携帯電話、MP3プレーヤー、デジタルカメラなどの携帯型デバイスへの搭載が進んだ。しかし、今後しばらくはHDDにもいくらかのビジネスチャンスがある」とパークスアソシエイツ社のアナリストChris Roden氏は語る。

この調査レポートは、早期購入者、早期多数派などの消費者セグメントが、ハードディスクドライブによるより大容量のストレージ製品群を求めるだろうと指摘している。これらは、モバイル愛好者、モバイルワーカー、音楽愛好者、ビデオ愛好者を含む。

「これらの消費者は、より大きいストレージ容量を必要とし、携帯型デバイスにおける1ギガバイトあたりの価格が安いHDDメモリのビジネスチャンスを開拓するだろう」と、Roden氏は言う。

この携帯機器向けの記憶装置に関する調査レポートは、今後数年間の技術と市場牽引要因について記載している。携帯電話、スマートフォン、ポータブルメディアプレーヤ、その他の携帯型プラットフォームに対する消費者のマルチメディアコンテンツの要求と、ストレージメディアメーカーの製品設計やメディアサービスに対する影響を分析し、ストレージメディア製品の市場潜在力を定量化している。


[調査レポート]
携帯機器向け記憶装置市場の将来性:分析と予測
Storage Opportunities for Handheld Devices: Analysis and Forecasts
(リンク »)

パークスアソシエイツ社 (Parks Associates)について
(リンク »)
(リンク »)

※このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR