デジタル地上波テレビをリードするヨーロッパ

株式会社データリソース 2007年11月21日

米国の調査会社インスタット社は、出版レポート「世界のDTTセットトップボックス市場調査:主要国別/地域別市場、半導体、部品、2011年までの予測 - World Report on Digital Terrestrial Set Top Boxes」のプレスリリースにおいて、他の地域も勢いはあるものの、ヨーロッパのデジタル地上波プラットホーム(DTT)は最も急速に成長しており、世界をリードしていると述べている。また、デジタル地上波セットトップボックスの総出荷数は2011年に4700万を超えるという予測結果も発表している。

その他の地域も勢いはあるものの、ヨーロッパのデジタル地上波プラットホーム(DTT)は最も急速に成長しており、世界をリードしていると、米国調査会社インスタット社は報告する。北米や西欧で、アナログ停波がデジタル地上波セットトップボックスの強力な牽引要因となり、消費者のアナログからデジタルへの移行の兆しが見えてきている。

ヨーロッパ以外のデジタル移行の進行は遅れているが、デジタルサービスの拡大は進んでおり、従来は標準規格であったホンジュラスやATSCでも、DTTをはじめるブラジルでも、デジタル化は世界の潮流となっている。

インスタット社は、下記についても調査した。
■ デジタル地上波セットトップボックスの総出荷数は、2011年に4700万を超えるだろう
■ 米国のコンバータボックスは、2008年に市場に投入されるだろう
■ 主にセットトップボックスの価格下落によって、販売台数は大きく成長するが、収益は年平均成長率(CAGR)18.2%で控えめとなった

インスタット社の調査レポート「世界のDTTセットトップボックス市場調査:主要国別/地域別市場、半導体、部品、2011年までの予測 - World Report on Digital Terrestrial Set Top Boxes」は、世界のデジタル地上波テレビセットトップボックス市場を調査している。2006-2011年の標準とハイディフィニション(SD/HD)セットトップボックスの販売数、収益の5年間予測を掲載している。欧州、北米、アジア太平洋地域、世界のその他の地域(ラテンアメリカ、中東、アフリカ)と、主要な国別の分析も掲載している。

[調査レポート]
世界のDTTセットトップボックス市場調査:主要国別/地域別市場、半導体、部品、2011年までの予測
World Report on Digital Terrestrial Set Top Boxes
(リンク »)

インスタット (In-Stat)について
(リンク »)

※このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!