IPテレビの加入者数は絶好調

株式会社データリソース 2007年12月19日

英国調査会社インフォーマテレコムズ&メディア社は、IPテレビ加入世帯数は、2012年までに3840万と大きく成長し、2006年末の約7倍にまで増加するだろうと報告する。

2007年12月12日
IPテレビ加入世帯数は、2012年までに3840万と大きく成長し、2006年末の約7倍にまで増加するだろうと、英国調査会社インフォーマT&M社は報告する。この急成長にもかかわらず、オペレータのケーブル、衛星、DTTとの市場シェア争奪戦によって、2012年までにIPテレビサービスに加入する世帯は全世界でたった3.1%でしかないだろうと調査レポート「世界のIPTV市場分析 (第3版)」は述べている。

インフォーマT&M社のメディア調査マネージャであるAdam Thomas氏は、「もっと短期的に見れば、IPテレビ加入世帯は、2006年の530万から倍増して2007年末までに1060万となるだろう。この成長の主要な要因は、欧州の通信会社がサービスを開始したことによるものだが、米国のケーブル事業者もまたU-VerseやFiOSなどを成功させている。」

IPテレビの加入やビデオオンデマンドによって、2006年には世界で15億ドル弱の収益を上げている。下記の図表は、2012年までに加入収益で136億ドル、VOD収益で11億ドル、併せて147億ドルに達するという予測を示している。

(表略)

さらに、中国は加入者数でIPテレビ市場をリードすると見られており、2012年末までに660万世帯がIPテレビに加入するだろう。だが、香港は普及率では中国を上回り、また最も収益が高いのは米国だろう。

英国調査会社インフォーマT&M社は、ニューズレター「TVインターナショナル」、「ニューメディアマーケット」、「ケーブルテレビと衛星テレビ市場(欧州)」、「TVビジネスインターナショナル」などの、メディアビジネスに関する幅広い出版物を刊行している。また調査レポート「アジア太平洋地域のテレビ市場 / Asia Pacific TV」、「南北アメリカのテレビ市場 / Americas TV」、「中東とアフリカのテレビ市場 / Middle East & Africa TV」、「東欧のテレビ市場 / Eastern European TV」も刊行している。

調査レポート「世界のIPTV市場分析 (第3版)」について

英国調査会社インフォーマT&M社は、200ページの調査レポートで、最近テレビ市場を取り巻いている誇張された予測をするどく査定する。最新の市場傾向と市場の将来の方向性を見極め、重要な数値データの図表と、2012年までの信頼性の高い予測、世界の45カ国における、50以上の市場に関して詳細に分析している。

◆調査レポート
世界のIPTV市場分析(第3版)
(リンク »)

◆英国 インフォーマテレコムズ&メディア社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR