日本サイバーテック(NCT,INC.)、他に先駆けてAdobeFMS3およびAdobeCF8対応ホスティングサービスを提供開始

今後、加速が予想されるNGN(次世代通信ネットワーク)の普及を見据え、リッチインターネットコンテンツの配信を強力にサポートします

株式会社日本サイバーテック 2008年03月04日

株式会社日本サイバーテック(本社:神奈川県藤沢市、代表取締役:江藤貴司 以下、日本サイバーテック)は、このたび2003年よりFCSホスティングとしてサービス提供開始し、ビジネス向けのみならず、学術用途、イベント・プロモーションなど多彩な用途に高い評価を頂いている、FMSホスティングサービスおよび、2003年のサービス開始以来リッチアプリケーションの開発を数多くサポートしてまいりました、CFホスティングサービスについて、これまで以上のご期待や信頼、ご要望にお応えするため、サービス内容を大幅に刷新の上、引き続きリーズナブルな価格体系でサービス提供を行うことといたしましたのでお知らせいたします。

―動画配信の業界標準FlashMediaServer&RIAを素早く簡単に実現ColdFusion―

■FMS3ホスティングサービス/ビジネスプラン
■CF8日本語スタンダード版ホスティングサービス/ビジネスプラン


■FMS3ホスティングサービス/ビジネスプラン
  ・FlashMediaStreamingServer3版専用エントリー
  ・FlashMediaStreamingServer3版専用ベーシック
  ・FlashMediaInteractiveServer3版専用ベーシック
 サービス紹介URL: (リンク »)

 日本サイバーテックのFCS/FMSホスティングサービスは、国内初として2003年
 のMacromediaFlashConferenceにて紹介され、現在までにイベントライブ中継
 や、 オンラインゲーム、インタラクティブエンタテイメント、医学学会のオンデマンド
 配信、 企業様webサイトにおける製品プロモーション、地上波モバイル生中継放
 送など、さまざまなジャンルの多岐に渡る用途で沢山のお客様にご活用いただい
 ております。

 このほど、ストリーミング配信のプラットホームで定評のあるFCS-MX、FMS2
 (FlashMediaServer2)の後継としてアドビ社からリリースされたFMS3は、ス
 トリームできる帯域幅や同時接続ユーザ数に制限が無くなり、飛躍的にパフォーマ
 ンスが向上したほか、RTMPEに対応することで一層の高性能と128ビットでの暗号
 化によりストリーム配信の安全性がさらに強化されました。ライブストリーミング機
 能も強化され、H.264やHE-AAC標準コーデックのサポートを提供するとともに、
 FlashLite3を介した携帯電話へのストリーミング配信にも対応しています。また、
 新機能のSWF検証機能は、SWFファイルが再利用・編集されたり、無断で他の場
 所でホスティングされることを防ぎます。(以上、FlashMediaStreamingServer
 の機能特徴)
 よりハイエンドなニーズに応えるFlashMediaInteractiveServerでは、上記に
 加え、AMF3に対応し、最新のライブストリームや録画済みのストリームなど一刻を
 急ぐようなコンテンツを遠隔地からでも素早く配信ネットワークに導入することが可
 能なマルチポイントパブリッシング機能、マルチウェイのセッションやライブストリー
 ムをアーカイブするストリームレコーディング機能を有するほか、FMS2のOrigin/
 Edgeアーキテクチャを採用しているため、シングルサーバ環境に適したFlash
 MediaStreamingServerと異なり、FlashMediaInteractiveServerは、ほ
 ぼ無限ともいえるほどの自由なスケーラビリティを提供します。

■CF8日本語スタンダード版ホスティングサービス/ビジネスプラン
 サービス紹介URL: (リンク »)

 日本サイバーテックのColdFusion(CF)ホスティングサービスは、2003年の
 ColdFusionMXServerホスティングサービス開始以来、沢山のお客様にご利用
 いただいており、おかげさまでColdFusionホスティングサービスを利用したコンテ
 ンツ開発における、豊富な実績およびリソースの蓄積により、高い信頼と評価をい
 ただいております。
 ColdFusionMXServerの後継となる、アドビ社からリリースされた
 ColdFusion8は、動的なWebサイトやインターネットアプリケーションを構築する
 ための機能を備えた強力な開発ツールで、AjaxとFlexへの対応、PDFドキュメント
 のサポートなど新しい機能を追加し、既存のタグや機能についてもすべて見直し最
 適化を行ったことにより、従来バージョンよりも大幅なパフォーマンス向上を図り、ア
 プリケーションのさらなる高速化を実現しました。これにより、開発作業の生産性を
 高め、複雑なエンタープライズ環境と連携し、表現力豊かで魅力的なリッチアプリ
 ケーション開発をサポートします。


この春から本格化するNGN(次世代通信ネットワーク)の普及が加速するにつれ、インターネット閲覧ユーザーの接続環境は飛躍的に向上することが予想され、またFMC(FixedMobileConvergence)による移動体通信と固定通信の融合や進化により、多彩なシーンからのインターネットアクセス、閲覧・視聴が定着する時代の到来が予測されています。

日本サイバーテックでは、こうした通信環境の大幅な進化に伴う社会の変化に対応し、将来にわたり引き続き、動画をはじめとするリッチインターネットアプリケーション・コンテンツの配信インフラを支えるリーディングカンパニーとして、社会の期待に応え、一層の研鑽とお客様とのコラボレーションにより、革新と感動を提供し、もって社会に貢献する企業となるよう、努力して参ります。

■サービスに関する問合せおよびお見積のご依頼は
問合せフォーム: (リンク »)
Eメール  :service@nct.co.jp
電話   :0466.41.1754または045.641.3481
        (土日祝日年末年始以外11:00~18:30)
担当者    :江藤


■□■インターネットプレゼンス企業の草分け 日本サイバーテックについて■□■

日本サイバーテックはインターネットプレゼンス業務をメインに、デザイン・システムの融合を図ったWEB・Mobileコミュニケーショントータルソリューションを提供し、多くの顧客にご好評頂いております。また、ナローバンド時代の1997年からインターネットにおける動画配信を手掛け、豊富な実績を積み重ね2003年には当時の国内初となるFCS(RIA向け)ホスティングサービスを立ち上げ、当時マクロメディア開催のFlashカンファレンスでも紹介されました。2006年には、動画をカレンダー形式の日記で記事配信する、愛犬家のための動画ブログ「DOG’SSTREET」( (リンク ») )を立ち上げ、愛犬家交流サイトとなりました。2007年3月にサービス提供を開始した「MovieBox」の動画変換・配信
プラットフォーム技術は、内外で高く評価され、ニフティ株式会社様にて「@ニフティ・ビデオ共有β」にも採用されました。

■株式会社日本サイバーテック会社概要

会社名    :株式会社日本サイバーテック
所在地    :神奈川県藤沢市湘南台2-3-11
代表取締役社長:江藤貴司
設立     :1997年5月
事業内容   :インターネットトータルソリューション
        WEB&モバイルコンテンツ企画・制作・コンサルティング、
各種ホスティング、動画コンテンツ企画・制作・配信、ほか
資本金    :1,000万円

以上

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社日本サイバーテックの関連情報

株式会社日本サイバーテック

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!