GPSチップの出荷台数は2013年に10億に

株式会社データリソース 2008年04月09日

米国の調査会社ABIリサーチは、GPS(汎地球測位システム)受信機用チップセット市場は成長していると報告する。

英国ロンドン、2008年3月19日
衛星ナビゲーションは消費者の人気が非常に高く、GPSデバイスの販売の増加に伴い、GPS(汎地球測位システム)受信機用チップセット市場も成長している。米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「GPS向け半導体:アプリケーション市場、技術開発、市場プレーヤー、ICの出荷台数と収益予測」は、2013年にGPS ICの年間出荷台数は10億に達するだろうと予測する。平均販売価格(ASP)は引き続き下落するが、出荷台数の大幅な増加によってベンダの収益は増えるだろう。

「今後、GPS IC市場の動向に影響を及ぼす3つの事柄がある。2008年末までに、チップセットの平均価格は3ドル50セント以下に下落し、本格的な大規模導入が実現するだろう。GPS機能を搭載した携帯電話は広く普及すると見込まれており、メーカーは利益の少ない携帯電話などのGPS受信デバイスの製造に注力するため、ASP(平均販売価格)は下落するだろう。このASP(平均販売価格)の下落によって、車内のナビゲーションなどの従来のGPSアプリケーションも拡大するだろう。大規模なチップメーカーが、GPSとさまざまな無線RF製品、特にブルートゥースなどを組み合わせたソリューションを実現するために技術を取り入れようと、ファブレスGPS IC専門ベンダを獲得するなどの買収が多くなってきている」とアナリストのJamie Moss氏は言う。

2007年後半の主な買収の例としては、Global Locateを買収したBroadcom、GloNavを買収したNXP、u-Navを買収したAtherosが挙げられる。

2007年、SiRFは1社でGPS IC市場の70%を占めるという圧倒的なシェアであった。勝因は、早期に市場に参入したこと、そして積極的に消費者向けデバイスに注力したことである。一方、プロフェッショナル向けのGPSが市場に投入されてからしばらく経つが、市場セグメントは非常に小さく、成長のスピードも遅い。

「性能の面において、メーカーは競合企業から多くを獲得するべきである。重要な契約を勝ち取るためには、チップセットはできるだけ安価で、デバイスメーカーにとってブルートゥース、Wi-Fi、FMラジオ、セルラーソリューションとの統合が容易でなければならない。ブルートゥースと同様に、消費者のGPS機能搭載の携帯電話に対する需要は、今はそれ程高くないが、ひとたび販売されれば、人々はそれを使用したり、より良いものを求めたりするだろう」とMoss氏は言う。

ABIリサーチの調査レポート「GPS向け半導体:アプリケーション市場、技術開発、市場プレーヤー、ICの出荷台数と収益予測」は、現在進行中のGPS ICの革新的な設計とパフォーマンスに関する重要な事柄を調査し、GPS ICの平均販売価格、出荷台数、2013年までの収益予測を記載している。この調査レポートは、「位置認識サービス年間リサーチサービス」および「無線端末向け半導体年間リサーチサービス」の一環として提供されている。

◆調査レポート
GPS向け半導体:アプリケーション市場、技術開発、市場プレーヤー、ICの出荷台数と収益予測 (リンク »)

◆米国 ABIリサーチについて
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR