松下電工インフォメーションシステムズとウティマコ セーフウェア パートナー契約を締結

~情報漏洩防止ソリューションの国内販売を強化~

パナソニック電工インフォメーションシステムズ株式会社 2008年05月07日

松下電工インフォメーションシステムズ株式会社(本社: 大阪市北区、代表取締役社長 河村 雄良、以下 松下電工IS)と、ドイツに本社を置く欧州大手のデータ・セキュリティ企業ウティマコ セーフウェア社の日本法人、ウティマコ セーフウェア株式会社(横浜市港北区、代表取締役 ヤーン・ボスフェルド、以下 ウティマコ)は、パートナー契約を締結し、松下電工ISはウティマコが開発する情報漏洩防止ソリューションソフトウェア「セーフガード(SafeGuard)」シリーズの販売を2008年5月7日より開始します。

ウティマコの「セーフガード」シリーズは、情報機器の盗難や紛失、不正アクセスなどの予期せぬ事態が起こっても、暗号化と認証機能により、PC、サーバシステム、スマートフォン、リムーバブルメディアなどの各種機器やネットワークからの情報漏洩を防止します。「セーフガード」シリーズは、ドイツ国内の銀行カードやクレジットカードの決済システムで90%以上の高いシェアをもち、世界で300万以上のライセンス導入実績を持つなど、企業のデータを堅牢に保護するデータ・セキュリティ・ソリューションです。また、日本でも高機能モバイル端末向け認証・暗号化ソフトウェアの「SafeGuard PDA」が、大手メーカーのスマートフォンに対応するなど、「セーフガード」シリーズの誇る機能の磐石さにより、数多くの日本企業にも採用されています。


個人情報保護法や日本版SOX法による国内におけるデータ・セキュリティ需要の高まりをうけ、ウティマコは、今回の松下電工ISとのパートナー契約の締結により積極的な販売強化をはかります。一方、松下電工ISは、長年にわたり情報セキュリティソリューション「ONMITSUⅡ」を展開し、情報漏洩防止対策に効果的な仕組みを提供してまいりました。そして今回、ウティマコの「セーフガード」シリーズが販売ラインナップに加わったことにより、ディスク暗号化やファイル暗号化などの統合管理機能が強化され、顧客の幅広いニーズにさらに柔軟にお応えしていくことが可能となります。
松下電工ISでは、セーフガードシリーズ全体で、初年度(販売開始後1年間)1億円の売り上げを計画しています。


■両社からのエンドースコメント
今回の販売代理店契約締結について、ウティマコ代表取締役のヤーン・ボスフェルドは次のように述べています。
「松下電工ISをゴールドレベルのリセラー(※1)として迎えられることはウティマコの販路を強化する上でも、大変喜ばしく思っております。
松下電工ISが有する優れた技術と熱意に、ITセキュリティのパートナーとして大いに期待を寄せております。ウティマコは、松下電工ISがユーザーの問題解決のために最適なソリューションを提供されるものと確信しております。」


松下電工インフォメーションシステムズ株式会社ネットワークソリューション事業部長 前田 孝は次のように述べています。
「ウティマコのセーフガードシリーズは、当社が今まで取り扱った暗号化製品の中でも群を抜く強いメッセージ力を持った製品です。その理由は明快な製品コンセプトにあります。それは色々な利用シーンに合わせた対象デバイスの豊富さ、それらを集中管理することでセキュリティを強化する合理性です。今後、本製品群が当社のセキュリティソリューションビジネスの核に成り得るものであると確信するとともに、欧米で大きい実績を持つウティマコとパートナーになることで、当社がよりグローバルな活動を行う礎となれば幸いです。」


■松下電工ISが取り扱う製品
今回の販売代理店契約の締結により、松下電工ISが販売する製品は次の6製品です。


●SafeGuard Enterprise(セーフガード エンタープライズ)
PC、ラップトップ、コンピュータ・デバイス、リムーバブルメディア、サーバ、電子メール上のあらゆる情報を包括的に保護する認証、暗号化、および監査用のソリューションです。情報がどこに保存されていようと、また、どのような手法で誰とやりとりされるのかを問わず、企業レベルで一元的に情報の保護と処理、そして管理を可能とする次世代のセキュリティソリューションです。モジュラー・アーキテクチャにより、企業の成長やニーズに合わせてモジュールを追加することが可能です。
マネジメントセンター   標準価格:\ 3,200.-@ライセンスから
デバイスエンクリプション標準価格: \17,500.-@ライセンスから
(但し、最低50ライセンスからの販売となります)


●SafeGuard PDA(セーフガード ピーディーエー)
スマートフォンやPDAなどの高機能モバイル端末向け認証・暗号化ソフトウェアで、日本の大手メーカーのスマートフォンに対応しています。堅牢な認証機能と保存データの暗号化により、スマートフォンやPDAが盗難や紛失など予期しない事態で第三者の手にわたっても、アドレス帳などの個人情報や業務上の機密情報を保護し機密情報の不正使用を防ぎます。
標準価格:\220,000.- (20ライセンスを含むスタートアップパッケージ)から


●SafeGuard Easy(セーフガード イージー)
PCからの情報漏洩を防止するソフトウェアで、ハードディスクの暗号化とOS起動前認証機能を提供します。ウティマコ セーフウェア社の主力製品で、金融機関、医薬業界、政府・国際機関、コンサルティング企業、研究開発機関などに300万ライセンス以上導入しています。
標準価格:\422,000.-(20ライセンスを含むスタートアップパッケージ)から


●SafeGuard RemovableMedia(セーフガード リムーバブルメディア)
企業や組織で使用するあらゆる種類のリムーバブルメディア上で取り交わされる極秘データの柔軟で透過的な暗号化を実現します。これにより、USBメモリ・スティック、メモリ・カード、外部ハードディスク、ディスケット、CD/DVDなどのどのようなタイプのメディアでも取り外されたり、紛失して第三者の手にわたった場合でも、データを常に未承認のアクセスから保護することができるようになります。
標準価格:\4,850.-@ライセンスから(但し最低20ライセンスからの販売となります)


●SafeGuard LanCrypt(セーフガード ランクリプト)
企業のセキュリティ ポリシーに基づき、LAN環境のセキュリティを集中管理すると同時に、個人別、部署別、あるいは作業グループ別に、データに対するアクセス権限を設定できるセキュリティ管理システムです。各個人、部署、および作業グループは、システム管理者の管理下にあるサーバに、機密情報を暗号化した形で保存できる一方で、システム管理者は、サーバの管理は行いますが、各グループが保存した機密ファイルやフォルダの中身は解読できません。そのため、システム管理とセキュリティ管理の分離が実現されます。
標準価格:\390,000-(20ライセンスを含むスタートアップパッケージ)から


●SafeGuard Private Disk(セーフガード プライベートディスク)
PC内に仮想的な暗号化ディスクを作るソフトウェアです。同じ PC内にあたかもハードディスクがいくつも駆動しているかのように運用できます。しかも、それぞれの仮想ハードディスクは完全に暗号化されますので、格納されているデータを、第三者に盗み見されたり、不正利用されたりする心配もなく、貴重な情報資産を堅牢に保護します。
標準価格:\190,000-(20ライセンスを含むスタートアップパッケージ)から


◆ウティマコ セーフウェア社について
ウティマコ セーフウェア社は、データ・セキュリティ・ソリューションのリーディング・プロバイダです。中規模から大規模の組織のデータ資産を安全に保護し、データの機密性と完全性を保護することで組織の個人情報保護の法令遵守を可能にします。 21世紀の脅威に対応したウティマコの幅広く充実したデータ・セキュリティ・ソリューションは、エンタープライズのセキュリティ・ニーズのごく一部しか対応しないポイント・ソリューションとは異なり、360度の全面的な保護を提供します。保存されたデータ (静的なデータ)、伝送中のデータ (動的なデータ)、処理中のデータ (使用中のデータ) といった、あらゆる状態のデータの管理と保護を行うのは、SafeGuardソリューションだけです。ウティマコは、世界規模の認定パートナー・ネットワークおよび欧州、米国、アジアの子会社を通じ、総合的なオンサイト・サポートをお客様に提供しています。Utimaco Safeware AGは、ドイツのフランクフルト近郊のオーバーウアゼルに本社を置き、フランクフルト株式市場に上場しています (ISIN DE0007572406)。より詳しい情報については、当社のWebサイト( (リンク ») )をご覧ください。


ウティマコ セーフウェア株式会社は、ウティマコ セーフウェア社の日本法人として2005年に設立し、PCなどのコンピュータ端末機器にインストールする認証および暗号化ソフトウェアを提供し、顧客のセキュリティ・リスクの軽減に貢献しています。ウティマコ セーフウェア株式会社の詳細は( (リンク ») )をご覧下さい。


◆松下電工インフォメーションシステムズ株式会社について
松下電工インフォメーションシステムズは、巨大なiDCと東名阪を結ぶ超高速ネットワークを核とした国内ネットワークを有しています。このインフラを基盤に50年近くにわたる豊富なシステム構築経験と運用ノウハウを強みとして、情報システムに関わるインテグレーション全般、アウトソーシング、ASPサービス、情報ネットワークサービスなどの多岐にわたるトータルソリューションサービスを供提しています。情報セキュリティに関しては、松下電工グループへの導入ノウハウを活かしたトータルソリューションの提供をしています。

以上


<お問い合わせ先>
ウティマコ セーフウェア株式会社
URL: (リンク »)
〒222-0033神奈川県横浜市港北区新横浜 3-8-8 日総第16ビル 3階
関川 (sekikawa@utimaco.jp) TEL:045-470-1430 FAX:045-470-1431


松下電工インフォメーションシステムズ株式会社
URL: (リンク »)
〒530-0013大阪府大阪市北区茶屋町19-19
総務部 広報・IRグループ  松本・仲本 TEL:06-6377-0100  FAX:06-06377-0833

用語解説

※1
ウティマコセーフウェアのリセラーは、ゴールド、シルバー、ブロンズの3ランクに分類されています。ゴールドレベルのリセラーは、この中でも最も厳しい技術要件や販売条件を満たすリセラーです。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから