情報流通支援サービスのオークネット5月19日より 中古車輸出業者向けサービス開始- 英語対応『専用ダイヤル』開設-

株式会社オークネット 2008年05月16日

From DreamNews

情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都千代田区/社長:藤崎清孝/URL (リンク ») )は、5月19日より「中古車輸出業者向けサービス」を開始いたします。英語対応可能な『専用ダイヤル』の開設をはじめとし、TVオークションや共有在庫取引(*1)に関する説明書・運営マニュアルの英語版をご提供致します。

情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都千代田区/社長:藤崎清孝/URL  (リンク »)  )は、5月19日より「中古車輸出業者向けサービス」を開始いたします。英語対応可能な『専用ダイヤル』の開設をはじめとし、TVオークションや共有在庫取引(*1)に関する説明書・運営マニュアルの英語版をご提供致します。また事前に欲しい車をオーダーできる『落札リクエスト受付サービス』や、地図と照らしあわせながら輸送費を確認できる『輸送料金お調べサービス』などの英語版運用も開始。より利便性の高いサービスのご提供を目指します。


昨今、諸外国での輸入規制の変化や輸出需要の増加を受け、TVオークションの取扱う高額・高品質な車両が輸出対象車として注目を集めております。こうした中、英語対応のサービスを提供することで、外国人輸出業者様のTVオークションや共有在庫への活発な参加・利用の促進を図り、中古車流通の活性化を目指して参ります。

今後は更に、セリシステムの英語版開発や、下見代行、車体番号確認、入札、車お探し等のサービス受付に英語表記を展開し、仕入から輸送までの一貫したきめ細かいサービスをご提供する予定です。



オークネットでは会員様が求めるニーズ・環境・時代に応じて、オークション・AIS検査・情報システムの運用方法を改革し、中古車流通をより良く整備していく中で様々なサービスを推進し、これまで以上に会員様の利便性向上に努めて参ります。


*1「共有在庫」・・・オークネット会員約7,000社の在庫車両に加え、毎週約5,000台のTVオークション出品車両が掲載される日本最大級の在庫車両市場

*2「オートバンクシステム」・・・その場に在庫が無くても車両販売ができるショールーム端末。全国約25,000台の共有在庫車両(*1)を自社の在庫のように見せながら商談が可能。また、店頭販売だけでなく、仕入、業販、顧客管理まで一台で管理できる画期的システム。





本件に関するお問い合わせは 株式会社オークネット 広報室  

TEL:03-3512-6140 E-MAIL:request@ns.aucnet.co.jp 担当:宮崎・垣谷・伊藤

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社オークネットの関連情報

株式会社オークネット

株式会社オークネットの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!