TSUTAYAグループ 手塚治虫アニメの動画配信及び電子コミック配信を開始!

株式会社ツタヤオンライン 2008年05月29日

この度TSUTAYAグループは、株式会社手塚プロダクション(本社:東京都新宿区高田馬場、代表取締役社長:松谷 孝征)と配信に関するライセンス契約を締結し、同社が保有するコンテンツの動画配信及び電子コミック配信を2008年5月29日(木)より開始しますのでお知らせ致します。

■「鉄腕アトム」「ブラック・ジャック」等、手塚アニメの名作の数々を一挙配信
日本の現代漫画の創始者であり、「マンガの神様」とも称される手塚治虫氏が生み出した作品は、日本国内はもちろんのこと、ハリウッドでも2009年に映画化が決定するなど、今なお世界中から高い評価を受けています。
TSUTAYAグループでは、「鉄腕アトム」「ブラック・ジャック」「ジャングル大帝」といった手塚アニメの名作の数々を、PC向けの動画配信及び、モバイル向けの電子コミック配信でもご提供していきます。配信開始時には、動画200話以上、電子コミック300話以上をご用意し、取扱いタイトル数は今後も順次拡大していく予定です。 なお、PC向け動画配信の視聴料金は1話あたり\105から。お得な複数話パック、全話パックなどのプランもご用意しております。さらに、TVシリーズ作品の第1話など、無料で視聴できるコンテンツも多数ご提供します。

■手塚氏生誕80周年記念特集ページを開設。また貴重なグッズが当たるキャンペーンを実施
今回の配信プラットフォームである「TSUTAYA DISCAS」及びツタヤオンライン運営「デジタルTSUTAYA BOOKS」のサイト上に、手塚治虫生誕80周年記念の特集ページを開設し、手塚氏のバイオグラフィーのご紹介や関連商品の訴求をしてまいります。 また5月29日(木)の配信開始から8月31日(日)までの期間中、対象商品をご購入・視聴いただいたお客様の中から抽選で貴重な手塚治虫グッズが当たる、「TSUTAYA DISCAS」「デジタルTSUTAYA BOOKS」連動のプレゼントキャンペーンを実施します。

■動画配信概要
●配信サイト:「TSUTAYA DISCAS」 (リンク »)
●配信形態:ストリーミングVOD方式
●タイトル:「鉄腕アトム」「ブラック・ジャック」「ジャングル大帝」「ふしぎなメルモ」「リボンの騎士」他、 全16作品295話(以降、順次タイトル追加予定)
●視聴料金(税込):1話あたり\105から。無料コンテンツや購入数により、20~30%オフになるパックプランもあり
●画像スペック:固定ビットレート 2Mbps
*「TSUTAYA DISCAS」に出店中の電子書籍サービスサイト「FRANKEN」(URL: (リンク ») 運営会社:株式会社ジャム・ティービー)でも、同日よりPC向け電子コミック配信を開始します(プレゼントキャンペーン対象外)。
*「TSUTAYA DISCAS」では現在、ワーナー・ブラザース、パラマウント・ピクチャーズ、ウォルト・ディズニーといったハリウッド メジャースタジオの洋画をはじめ、アニメ、バラエティ作品など、約18,000タイトル以上を配信しています。

■電子コミック配信概要
●配信サイト:「デジタルTSUTAYA BOOKS」 (リンク »)
●タイトル:「鉄腕アトム」「ブラック・ジャック」「どろろ」「リボンの騎士」「三つ目がとおる」他、 全18作品300話(以降、年内に約170作品を追加予定)
●消費ポイント:1話あたり30ポイント(モノクロ)、50ポイント(カラー)から 一部無料コンテンツあり。

■プレゼントキャンペーン概要
●キャンペーン名称:「手塚治虫作品を読んで、観て、プレゼントをもらおう!」
●キャンペーン期間:2008年5月29日(木)~2008年8月31日(日)
●内容:上記期間中に「TSUTAYA DISCAS」や「デジタルTSUTAYA BOOKS」より、該当作品を購入・視聴された方の中から抽選で11名様に貴重な手塚治虫グッズをプレゼントします

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ツタヤオンラインの関連情報

株式会社ツタヤオンライン

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから