TSUTAYA online×TSUTAYA DISCAS 最大級の楽曲数で歌詞サービスを開始! ~シンクパワー社とサービスを連携~

株式会社ツタヤオンライン 2008年07月08日

TSUTAYAグループの株式会社ツタヤオンライン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山地 浩)と株式会社ツタヤ・ディスカス(本社:東京都渋谷区、執行役員社長:根本 浩史)は、総合エンターテインメント情報サイト「TSUTAYA online」およびオンライン宅配レンタルサービス「TSUTAYA DISCAS」上において歌詞サービスを開始し、歌詞情報の提供元である株式会社シンクパワー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:冨田 雅和)と提携いたします。

この度の取り組みでは、メジャー曲では最大級となるシンクパワー社の保有する約69,000件(※1)の歌詞データを、「TSUTAYA online」の約945万人(※2)の会員と、「TSUTAYA DISCAS」の約45万人(※3)の会員に提供することで、インターネット上での音楽サービスをより一層お客様にご満足いただくための一つのツールとして位置づけております。

「TSUTAYA online」と「TSUTAYA DISCAS」では、シンクパワーが提供する歌詞データ検索API(※4)を活用し、CD商品ページに「歌詞検索」ボタンを設置、ボタンを押下することで該当楽曲の歌詞情報を閲覧できる環境を構築いたしました。また「歌詞ISM」では歌詞表示ページに「TSUTAYA DISCAS」へのボタンを設置し、独自アフィリエイトサービスによるサイト連動を行なっております。

「TSUTAYA DISCAS」では、利便性を重視した宅配サービスをご提供するために、DVDやCDのディスクをお客様に貸し出しております。ここ数年のCD宅配レンタル利用が高まるにつれ、お客様からの歌詞情報に対するご要望が増え、この度のシンクパワーとの歌詞サービスにおける提携にいたりました。なお、歌詞情報と宅配レンタルのサービス連携は、今回が初の取り組みとなります。

TSUTAYAグループとシンクパワーは、今後もお互いのサービスを最大化できるようなサービス連携を検討し、お客様に快適な音楽ライフを楽しんでいただくためのインターネット環境を提供してまいります。

「TSUTAYA歌詞」サービス概要
■サービスURL: (リンク »)  (ケータイのみ)
■サービス開始日: 2008年7月8日(火)
■歌詞データ検索方法: CD商品ページ、アーティストページにある「歌詞を検索する」リンクを押下すると、該当楽曲の歌詞情報ページへ遷移し、歌詞を閲覧することができます。また、「TSUTAYA online」内に「TSUTAYA歌詞」コーナーを新設し、コーナー内にてアクセスランキングや、新着歌詞情報リストの配信を行ないます。

「TSUTAYA DISCAS」歌詞サービス概要
■TSUTAYA DISCAS:  (リンク »)
■サービス開始日: 2008年6月24日(木)
■歌詞データ検索方法: CD商品ページにある「このアルバムの歌詞を検索する」ボタンを押下すると、「歌詞ISM」の歌詞検索結果ページへ遷移し、アルバムに含まれる楽曲の歌詞を簡単に検索することができます。

用語解説

※1 2008年6月現在
※2 2008年5月現在、ケータイ会員のみ
※3 2008年5月現在
※4 API(Application Program Interface)。シンクパワーが作成した歌詞データプログラムを、TSUTAYA onlineおよびTSUTAYA DISCAS用にカスタマイズし、サイト上にて表示。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ツタヤオンラインの関連情報

株式会社ツタヤオンライン

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?