「SBI Business~Wikipedia検索サービス」開始のお知らせ

SBI Robo株式会社 2008年06月12日

From DreamNews

SBI Robo株式会社(本店:東京都港区、代表者:渡部 薫)は、当社が提供しているビジネス専用のソーシャルサーチサービス「SBI Business」にWikipedia (ウィキペディア)検索機能を追加し、本日より本日より「SBI Business~Wikipedia検索サービス」(URL: (リンク ») )としてサービスを開始いたします。

?SBIホールディングス株式会社(URL: (リンク ») )の子会社でWeb2.0プラットフォームを中心としたサービスの企画・開発を行っているSBI Robo株式会社(本店:東京都港区、代表者:渡部 薫、URL: (リンク ») 、以下「当社」)は、当社が提供しているビジネス専用のソーシャルサーチサービス「SBI Business」(URL: (リンク ») )にWikipedia (ウィキペディア)検索機能を追加し、本日より「SBI Business~Wikipedia検索サービス」(URL: (リンク ») )としてサービスを開始いたします。


 Wikipediaはウィキメディア財団 が運営する世界最大級のオンライン百科事典であり、その項目数は日本語版で496,352本(※1)にも及びます。このたび当社は、Wikipediaの百科事典のデータベースを元に、関連するキーワードで絞り込み検索が可能な検索機能を「SBI Business」に付加いたしました。また、あらゆる検索キーワードに対してWikipedia内のソーシャルグラフ(人間関係)を自動抽出し、関連性を表示いたします。例えば芸能人を検索した場合、その芸能人と関係している別の芸能人のリストを自動的に作りだすため、これまでより人間関係を連想して次から次へとWikipediaの利用が可能になります。


さらに、検索結果の画面の上部にオンライン写真アルバムサービスflickrおよびLive Searchの画像検索データを表示するようにし、このマッシュアップにより、Wikipediaで説明されている事象を、豊富なビジュアルにより、さらに深く理解できるようにいたしました。例えば、当サービスを利用して「桜」を検索すると、美しい桜の写真も同時に見ることができます。(以下、画面イメージ参照)


 当社は今後も、SBIホールディングスとノルウェーの検索テクノロジー会社FAST Search & Transfer ASAとのジョイントベンチャーであるという強みを生かし、「SBI Business」上で様々な検索機能の提供を図るとともに、順次サービスを拡充してまいります。


<「SBI Business~Wikipedia検索サービス」について>

【サービスの概要】

サービス名称:SBI Business~Wikipedia検索サービス

サービス開始 : 2008年6月10日(木)

サイトURL : (リンク »)

【主な特徴】

・Wikipediaのデータの検索機能(関連するキーワードで絞り込み検索が可能)

・Wikipedia内のソーシャルグラフを自動抽出、検索キーワードから次々と人間関係がわかるソーシャルグラフ機能

・見出し検索と全文検索の同時検索

・検索結果上部にflickrおよびLive Searchのイメージ検索結果を表示


画面イメージ : (「桜」で検索)




(※)文中の商標について



Wikipedia は Wikimedia Foundation, Inc. の登録商標です。



flickr はYahoo! Inc.の登録商標です。



Live SearchはMicrosoft Corporationの登録商標です。



(※1)2008年6月9日時点でのWikipediaの記事によります。



以上



***********************************************



本プレスリリースに関するお問い合わせ先:



SBI Robo株式会社 管理部 pr@sbirobo.com 03-3253-1600

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

SBI Robo株式会社の関連情報

SBI Robo株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!