IPTV市場の第2段階:QOEは重要任務

株式会社データリソース 2008年07月16日

米国の調査会社ヘビーリーディング社の市場調査レポートが7月に刊行されました。

現在、通信会社のIPTVは第2局面に入ったが、ネットワークの拡大に伴い、ケーブルや衛星TVサービスプロバイダが達成した画質基準、つまり体感品質を確実にクリアしなければならない。通信会社はライブネットワークのビデオストリームの質を測定し、それを画像の消費者満足度に正確に反映させるテストツールが必要となる。米国の調査会社ヘビーリーディング社の調査レポート「IPTV IPTV市場の第2段階:QOEは重要任務」は、QOEの課題が困難な理由と、IPTVのクオリティを測定するソリューションを提供する16社のベンダと製品を分析し、加入者に配信する画質を決定する要因を推測している。

◆調査レポート
IPTV市場の第2段階:QOEは重要任務
(リンク »)

◆米国ヘビーリーディング社リサーチについて
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR