ソースネクスト、「ウイルスセキュリティZERO(R)」 月額サービス インターネットプロバイダー初、月額315円で「楽天ブロードバンド」より提供開始 

http://broadband.rakuten.co.jp

フュージョン・ネットワークサービス株式会社 2008年08月05日

 楽天株式会社のグループ会社、フュージョン・ネットワークサービス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鎌田 武志)は、ソースネクスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:松田憲幸)が提供している、「ウイルスセキュリティZERO(R)」の月額サービスを、「楽天ブロードバンド」のオプションとして8月5日(火)より提供を開始することといたしました。

 「ウイルスセキュリティZERO」月額サービスは、ソースネクストが店頭販売している総合セキュリティソフト「ウイルスセキュリティZERO(R)」と同じ製品で、1つのシリアルで3台のパソコンまで利用することが出来ます。 この度、初めてのインターネットプロバイダーを通した提供となり、「楽天ブロードバンド ADSL/光 <2,000円~/月額(税込)>」のご利用に併せて、「ウイルスセキュリティZERO」月額サービス <315円/月額(税込)>をプラスすることで、より安全なインターネットをお楽しみいただく事ができます。ご利用料金は、インターネットサービスの請求に併せた月払い方式となります。

 提供開始を記念して、「ウイルスセキュリティZERO」月額サービスをお申込みの際に“楽天スーパーポイント”を1,000ポイントプレゼントいたします。(4カ月以上継続してご利用いただいたお客様が対象となります) 
※楽天スーパーポイント: 楽天グループの各種サービスにおいて、1ポイントあたり1円相当の支払いに充当可能なポイントです。
             
■サービスリリース記念キャンペーン <2008年9月30日まで> 
「楽天ブロードバンド」 + 「ウイルスセキュリティZERO」月額サービス
⇒ 楽天スーパーポイント 1,000 POINT プレゼント
 
 楽天ブロードバンドでは、今後さらに加入・会員特典を充実させる予定です。これからも、楽天のコンセプトでもある「顧客満足の最大化」を念頭に、お客様にご満足いただける、先進的なブロードバンドサービスの提供に邁進してまいります。 

■ソースネクスト株式会社について   (リンク »)
 1996年8月に設立。「みんなわくわくパソコンソフト」をスローガンに、2003年からは「1,980円の販売価格」、「販売チャネルの拡大」、「箱のスリム化」などにより、パソコンソフトの普及を推進し、製品取扱い店舗数は2,000店舗から25,000店舗に。 5年連続で販売本数は国内第1位(2003年~2007年 GfK Japan調べ)。2006年7月には、業界の常識を覆す更新料0円の「ウイルスセキュリティZERO(R)」を発売。同製品は製品別販売本数、16カ月連続1位。(2008年7月時点 GfK Japan調べ)。

■フュージョン・ネットワークサービス株式会社について    (リンク »)  
 1994年に設立した、グローバルオンラインジャパン(GOL)が母体。昨年8月に楽天グループ入りしたフュージョン・コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:島田亨)の100%出資子会社。次世代を見据えた付加価値の高い各種インターネットサービス、およびブロードバンドサービスをFUSION GOL(フュージョン ジーオーエル)ブランドで提供。インターナショナルなスタッフによる技術革新、バイリンガル体制で信頼性の高いISPとして高い支持を得ています。

※本リリース中に記載している会社名、商品名、ロゴは、それぞれ所有する各社に帰属します

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

フュージョン・ネットワークサービス株式会社の関連情報

フュージョン・ネットワークサービス株式会社

フュージョン・ネットワークサービス株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから