Nortel、Webと音声による仮想コミュニケーションの向上を目的にDiamondWareを買収

DiamondWareの3Dオーディオ技術が『現実の』仮想コミュニケーション環境を提供

ノーテルネットワークス株式会社 2008年08月21日

カナダ・オタワ発 - Nortel* [NYSE/TSX: NT]は、HDによる近距離3次元位置音声技術のパイオニアとして、Webと音声の仮想コミュニケーションに現実さながらの音声を提供するDiamondWare(ダイヤモンドウェア)を買収したことを発表しました。この買収によって、Nortelが推進する通信の変革がこれまで以上に発展し、よりインタラクティブで、臨場感のある方法でコラボレーションを実現することができます。

Nortelの最高技術責任者(CTO)であるジョン・ローズ(John Roese)は、次のように述べています。「現実世界の豊かなコミュニケーション体験をテクノロジーによって模倣することが、これまで常にNortelの大きな目標でした。DiamondWareの買収により、通信とITの融合に関するNortelの地位が強化され、お客様に究極のコミュニケーション体験を提供する上で不可欠な要素がまた1つ当社に加わることになります。」

DiamondWareの技術は、ゲーム環境や米軍の戦術通信システムに搭載されているほか、通信事業者や機器メーカーによって幅広く採用されています。DiamondWareの技術は、広帯域ステレオ機能とカスタム空間ポジショニングによって、3Dの仮想世界や仮想会議、オンラインゲーム、マルチメディア・アプリケーションでリアルタイムのやり取りを実現します。

例えば、仮想ゲームや仮想会議で複数の参加者が同時に会話をする場合、DiamondWareの技術によって、個々の参加者は仮想空間内の互いの距離に基づいて他の参加者の発言を聞くことができます。また、プライベートな会話を行うことも可能です。こうした機能により、仮想コミュニケーション体験が大幅に向上し、現実世界の体験に大きく近づくことになります。

DiamondWareのCEOであるキース・ワイナー(Keith Weiner)は、次のように述べています。「DiamondWareの3Dオーディオ技術によって、従来型のテレフォニー・アプリケーションや会議アプリケーション、モバイル・ユニファイド・コミュニケーション、Web 2.0仮想世界環境のいかなる環境においても、Nortelのお客様はより自然で臨場感のあるコミュニケーション体験を得ることができます。」

J Arnold & Associatesのプリンシパルであり幅広く認知されているブロガーでもあるジョン・アーノルド(Jon Arnold)氏は、次のように述べています。「NortelのWeb 2.0仮想会議プラットフォームであるDiamondWare とweb.alive(ウェブ・アライブ)の両方を直接利用することで、相乗効果が自然と生まれることは明らかです。これらはDiamondWareが密かに開発を進めてきた複雑な技術であり、Nortelは双方向コミュニケーションの次の波になると思われる市場でリーダーシップを確立することができます。」

Nortelは、通信事業者およびエンタープライズ向けポートフォリオの全体でDiamondWareの技術を活用し、マルチメディア、音声会議、VoIPの各ソリューションを強化します。さらに、同社の技術はNortelの革新的な新製品やソリューションの開発を推進する「インキュベーション・プログラム」の一環である最先端の研究プロジェクトにも幅広く使用されます。こうしたプロジェクトの1つが、3D Webネットワーク・ソリューションの「web.alive」であり、これによりユーザーは、自社の企業ネットワークのセキュリティに準拠した形で、現実さながらのオーディオ・ビジュアル機能を使用して仮想環境内でのコラボレーションを行い、交流を深め、ビジネスを遂行することができます。

契約条件に従い、NortelはDiamondWareの発行済み株式すべてを取得します。従業員の維持および手続きを含めた買収費用は現金で約700万ドルです。さらに、今後40ヶ月間で達成する業績に基づいて、DiamondWareの証券保有者に最大300万ドルの追加配当を行います。


Nortelについて
Nortelは、通信技術分野のリーダーとして、BUSINESS MADE SIMPLE(ビジネスをよりシンプルに)という理念を具体化して顧客の皆様に提供します。Nortelは通信事業者と企業の双方に向けた次世代技術により、マルチメディアやビジネスに必要不可欠なアプリケーションをサポートします。またNortelは、ネットワークを簡素化し、人と必要な情報を必要なときに結びつけて、効率改善、迅速化、パフォーマンス向上における障害を取り除くよう技術設計を行っています。Nortelの事業展開は世界150か国以上におよびます。詳しくは、www.nortel.com をご覧下さい。またNortelに関する最新のニュースは、www.nortel.com/news でご覧いただけます。

当プレスリリースには、「可能性」「見込み」「場合」「期待」「思われる」「意向」「約」「計画」「想定」「努める」およびそれらに類似する表現およびそのバリエーションが含まれている場合があります。これらの表現は、関連証券法にもとづく予示的声明や情報を示しています。これらの情報は、Nortelを囲む事業環境、景気、市場に対するNortelの現時点における期待、見積、予測、予想に基づいています。またこれら情報は、予想が難しい重要な推定、リスク要因、不確定要因の影響を受けます。当プレスリリースで説明された結果や出来事は、実際の結果あるいは出来事と異なる場合があります。これらの要因やその他の詳細については、Nortel が米国証券取引委員会に提出した年次報告書Form 10-K、四半期報告書Form 10-Qおよびその他の提出書類に記載されています。Nortelは、適用法により要求されない限り、新情報、将来の出来事、その他の如何にかかわらず、あらゆる予示的声明を含め、このプレスリリースのあらゆる記載情報について、それを更新・改正する意思あるいは義務を放棄します。

* Nortel、Nortel ロゴ、グローブマークは Nortel Networksの商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!