Windows Mobileを保護するSymantec Mobile Security Suite 5.1

冨田秀継(編集部) 2008年03月12日 17時33分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シマンテックは3月12日、Windows Mobileを搭載したスマートフォンを保護する「Symantec Mobile Security Suite 5.1 for Windows Mobile」を発表した。ウイルス対策、ファイアウォール機能、紛失対策機能、電話機能の制御などが提供される。また、別製品として企業ネットワークにVPN接続するための「Symantec Mobile VPN 5.1」もあわせて発表している。いずれの製品も3月14日より出荷を開始する予定。

 Mobile Security Suite 5.1では、Symantec System Centerプラグインを利用することで、管理者が各種機能・ポリシーを一括して管理・設定・カスタマイズすることが可能。また、インテリシンクのMobile Device Managementソリューションを管理ツールとして利用することもできる。

山中幸代氏 山中幸代氏

 同日、あわせて発表された別売のMobile VPN 5.1と組み合わせることで、IPSec VPNトンネルを経由して企業ネットワークに接続することも可能。VPNゲートウェイにはシスコシステムズ、ジュニパーネットワークス、ノーテルネットワークスの製品に対応する。シマンテック ソリューション&プロダクトマーケティング部 セキュリティグループ プロダクトマーケティングマネージャの山中幸代氏は、「(これら3社の)市販製品に対応することで、既存の製品をそのまま活用してVPN接続ができる」という利便性を強調した。対応する製品は、「今後順次追加していきたい」(山中氏)考えだ。

 また、両製品を組み合わせることで、Network Access Control機能も提供される。この機能では、VPN接続時にスマートフォンの各種セキュリティ機能のインストール、稼働、設定、バージョン、アップデートといった状況を確認、ポリシーが適切に設定されているデバイスのみ通信を可能にする。

 Mobile Security Suite 5.1単体での機能としては、ウイルス対策、ファイアウォール機能のほか、紛失対策として暗号化機能が提供される。これはモバイルデバイス内にAES-256 FIPS 140-2でデフォルト、もしくは指定フォルダを暗号化する機能。ログインパスワードによって暗号化を解除し、暗号化されたフォルダへアクセスする仕組み。また、メモリーカードにもセキュアフォルダを作成することが可能だ。

 そのほか、システムファイルやレジストリキーが改ざんされ、スマートフォンが不適切な設定になることを防ぐ不正防止機能、Bluetoothやカメラ、PCとの同期を管理者が制限できる電話機能制御などが提供される。

 Mobile Security Suite 5.1 for Windows MobileおよびMobile VPN 5.1のサポートOSは、Windows Mobile 6 Standard、同Professional、同Classic、Windows Mobile 5.0 Pocket PCとなっている。

Symantec Mobile Security Suite 5.1 for Windows MobileおよびMobile VPN 5.1の価格 Symantec Mobile Security Suite 5.1 for Windows MobileおよびMobile VPN 5.1の価格
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!