ブルーレイは勝利したものの、さほど順調ではない

株式会社データリソース 2008年09月18日

米国の調査会社インスタット社は出版レポート「世界のブルーレイとDVDプレイヤー/レコーダ市場調査:市場、技術、2012年までの予測 - Worldwide Blu-ray and DVD Player/Recorder Market」のプレスリリースにおいて、ブルーレイレコーダーとプレイヤーの市場は、もし価格が下がれば、2008年には500万台に達するという見通しを発表した。

HD-DVD対ブルーレイフォーマットの戦争は、2008年初めに早くも決着がついたと、米国調査会社インスタット社は報告する。しかし、ブルーレイプレイヤーの価格がまだ高いために、直ちにはブルーレイプレイヤーの販売が標準のDVDプレイヤーのレベルを越えるということにはならないだろう。DVDプレイヤーはいくつかの市場で飽和状態に到達しており、DVDレコーダーにはDVDプレイヤーほどには消費者の関心は高まらないだろう。

「DVDレコーダーは、欧州や日本では非常に人気がある。ブルーレイは日本では人気が継続しているが、欧州ではハードドライブベースのDVRの出荷が上昇しており、ブルーレイへの関心は低迷している」とインスタット社のアナリストMichelle Abraham氏は語る。

インスタット社は、下記についても調査した。
■ ブルーレイレコーダーとプレイヤーの市場は、もし価格が下がれば順調に成長して、2008年には500万台に達するだろう
■ 世界のDVDプレイヤーとレコーダーの販売数は、2007年に1億4200万台に達した
■ 北米、欧州、日本、中国のDVDプレイヤー市場は既に下降している
■ 世界のそれ以外の新興国は、DVDプレイヤー市場の唯一の希望である

インスタット社の調査レポート「世界のブルーレイとDVDプレイヤー/レコーダ市場調査:市場、技術、2012年までの予測 - Worldwide Blu-ray and DVD Player/Recorder Market」は、世界のブルーレイとDVDプレイヤー/レコーダ市場の直面する問題と、フランス、ドイツ、韓国、日本、英国、米国の消費者の購入計画を調査した。DVDプレーヤー、DVDレコーダー、ブルーレイプレーヤー、ブルーレイレコーダーの出荷数、平均価格、収益の5年間予測と、DVDレコーダーとブルーレイプレーヤーのBOM(bill of materials)とコンポーネント価格の5年間予測も記載している。


[調査レポート]
世界のブルーレイとDVDプレイヤー/レコーダ市場調査:市場、技術、2012年までの予測
Worldwide Blu-ray and DVD Player/Recorder Market
(リンク »)

インスタット (In-Stat)について
(リンク »)

※このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!