モバイルインフラ市場:上昇するHuaweiと下降気味のAlcatel-Lucent

株式会社データリソース 2008年09月22日

米国の調査会社ABIリサーチ社は、モバイルインフラの世界市場でHuaweiが上昇していると報告する。

米国ニューヨーク、2008年9月17日
世界のモバイルインフラ市場のトップはEricssonだが、Nokia Siemens Networks、Alcatel-Lucentや、アジア地域のベンダ、特に右肩上がりのHuaweiとの激しい競争を強いられている。

「2008年第1四半期の、Huaweiの世界のセルラーインフラの市場占有率は約8%である。一方、Ericssonは約29%、Nokia Siemensは23%強である」と米国調査会社ABIリサーチのシニアアナリストNadine Manjaro氏は言う。「だが数値の差に誤魔化されてはいけない。過去1年半の市場シェア全体の増加を考慮すれば、Huaweiは注目に値するベンダだ。第3位のベンダAlcatel-Lucentは1、2位からかなり離れており、市場シェアはわずか13%強である。」

Alcatel-Lucentにとって、2008年第2四半期は企業合併後、最も低迷した四半期だった。2008年前半、同社の無線インフラの出荷台数は2007年下半期に比べて63%減少した。北米の取引先トップ2のSprintとVerizon Wirelessは、EV-DO Rev Aの導入が完了したためにCDMAの費用がダウンした。Sprintだけを見ると、資本支出が2007年第2四半期に比べて10億ドル減少した。

「中国は大規模な無線市場で、国内トップ3のオペレータは今後3年間でインフラにほぼ800億ドルを投資する予定である」とManjaro氏は言う。「インドとアフリカの市場が好調なこともあって、今後3-5年以内にHuaweiが市場のトップに踊り出るだろう。有力な中国の巨大企業であるHuaweiに立ち向かうEricssonが安全圏にいられる可能性は低いだろう。」

ABIリサーチの調査レポート「モバイルネットワークベンダのSWOT分析:モバイルネットワークインフラのトップ企業」は、多数の主要ネットワークインフラベンダの長所、短所、ビジネスチャンス、課題を分析している。また、調査と開発の投資、製品ラインの相違、地理的な販売流通、長期的な戦略、企業財務の分析も行っている。

この調査レポートは、他の調査レポート、リサーチブリーフ、「Market Data」、オンラインデータベース、「ABI Insights」、「ABI Vendor Matrices」、アナリストへの質問時間を含む「モバイルネットワーク年間リサーチサービス」の一環である。

◆調査レポート
モバイルネットワークベンダのSWOT分析:モバイルネットワークインフラのトップ企業
(リンク »)

◆米国ABIリサーチについて
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!