富士通FOMA F1100、Devicescape Easy Wi-Fi for Handsetsにより、シームレスでセキュアなWi-Fiをエンタプライズ全体に提供―NTTドコモ社のFOMA F1100の顧客企業、業界をリードする技術により、セキュアなVoIPを利用しつつ、Wi-Fiサービスを拡大―

JCN株式会社 2008年10月24日

San Bruno, CA, Oct 24, 2008 - Easy Wi-Fiの大手Devicescape Software社は本日、Devicescape Easy Wi-Fi for Handsets市場特化ソリューションにより、富士通がエンタプライズレベルのセキュリティとアクセスを富士通F1100スマートフォンで提供可能になったことを発表しました。

San Bruno, CA, Oct 24, 2008 - Easy Wi-Fiの大手Devicescape Software社は本日、Devicescape Easy Wi-Fi for Handsets市場特化ソリューションにより、富士通がエンタプライズレベルのセキュリティとアクセスを富士通F1100スマートフォンで提供可能になったことを発表しました。

富士通F1100は、日本の大手電気通信業者NTTドコモによって、エンタプライズ市場向けのFOMA (Freedom of Mobile Multimedia Access)機器のひとつとして、流通されます。F1100スマートフォンは、WCDMAネットワーク経由で従来の携帯電話機として機能するとともに、802.11a/b/gネットワークを使ったWi-FiVoIP携帯電話機としても機能します。

革新的な製品で知られる富士通は、2008年3月にF1100をはじめて発表し、業界の賞賛を得ました。この次世代製品にDevicescape Easy Wi-Fi for Handsetsを組み込むことにより、富士通と品NTTドコモ社は、企業のお客様にシームレスなアクセスを実現するセキュアでシームレスなWi-Fi接続を行う包括的な各種機能を備えることができ、シスコ社のインフラを運用するすべてのエンタプライズ顧客にまで市場を広げることができます。市場到達度を拡大するだけでなく、Devicescapeによりお客様のエクスペリエンスが向上し、保守費用全体を削減して利益率全体を向上しつつ、企業のセキュリティが維持できます。

「イノベーションのリーダーとして、富士通は今手に入る最高の技術を常にお客様に届けてきました。」と富士通モバイルフォン事業本部長Naoyuki Inoue氏は述べました。「Devicescape社のソフトウェアは、企業環境で高水準のセキュリティを維持し、お客様の円滑なユーザー・エクスペリエンスと企業資産の保護を確かなものとしています。」

Devicescape社は、家庭、職場、ワールドワイドなホットスポットなど、どんな機器からどんなネットワークへでも、シームレスでセキュアなWi-Fiアクセスを生み出すことに注力しています。業界をリードするソリューションを提供することによって、Devicescape社はビジネス顧客がWi-Fi資産や製品の価値を高めるお手伝いをしています。

「シームレスでセキュアなDevicescape Wi-Fi機能を機器に追加することによって、富士通はF1100を、企業にとっても個人にとっても、真にパワフルなスマートフォンとしました。」とDevicescape社CEOのDave Fraserは述べました。「NTTドコモ社にとって、この携帯電話機は顧客満足度を向上し、オフィスビルでのサービス品質を高め、携帯電話とWi-Fiネットワーク間の負荷バランスを取ることによって、コストを削減します。」

富士通がライセンスを持つDevicescape Easy Wi-Fi for Handsetsには、Devicescape Agent with Cisco Compatibility eXtensions (CCX)も含まれており、シスコベースのエンタプライズWi-Fiネットワークに、シンプルでセキュアなWi-Fiアクセスを提供します。Devicescape Agent with CCXにより、F1100は、電話ユーザーを混乱させずに、企業ファイアウォール内のVoIP通話にシームレスに切り替えることができますので、サービスを中断させずにエンタプライズの内外をユーザーが移動することが容易になります。

Devicescapeは、非ラップトップ機器用CCX技術の市場リーダーであり、装置メーカー向けのWi-Fiセキュリティとアクセスソリューションのリーダーです。Devicescape社のソフトウェアは、業界および通信業者団体から数多くの賞を受けています。世界各国で70社以上の機器メーカーがライセンスを取得しており、世界各国の設置機器100種以上数百万台とともに出荷されています。

富士通について

富士通は、グローバル市場向けの顧客重視型ITおよび通信ソリューションの大手プロバイダです。先導的な装置テクノロジー、高信頼性コンピューティングおよび通信製品、ワールドワイドなシステムおよびサービス要員などにより、富士通は、お客様の成功の限りない可能性を生み出す包括的なソリューションを提供するユニークな立場にあります。東京に本社のある富士通(TSE: 6702)は、2007年3月31日締め会計年度で5.1兆円の連結売上高を計上しました・詳しい情報は、 (リンク ») をご覧ください。

Devicescapeについて

DevicescapeはEasy Wi-Fi大手です。同社は当初よりOEM (Original Equipment manufacturer)やサービスプロバイダと協業してきました。その市場特化型ソリューション-- Easy Wi-Fi for Handsets・Easy Wi-Fi for PCs・Easy Wi-Fi for Devicesでは、各市場のメーカー特有のWi-Fiニーズを満たすため、重要なDevicescape技術を活用しています。Devicescape社のEasy Wi-Fiにより、いつでもどこでもどんなネットワークにも、Wi-Fi でアクセスできます。

米国カリフォルニア州産ブルーノに本社のある同社は、株式非公開会社で、Kleiner Perkins Caufield & Byers社・August Capital社・Enterprise Partners社・JAFCO社などの大手ベンチャーキャピタル企業にバックアップされています。詳しい情報は www.devicescape.com をご覧ください。

Devicescapeは、Devicescape Software社の商標です。その他の商標は、それぞれの所有者の資産です。Fujitsu・Fujitsuロゴ・TRIOLEは、米国およびその他の国において富士通社の商標または登録商標です。その他の商標または製品名は、それぞれの所有者の資産です。

メディア問合せ先:
BOCA Communications
Kathleen Shanahan
+ 1 415-570-1405
kathleen@bocacommunications.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

JCN株式会社の関連情報

JCN株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?