μITRON4.0仕様 リアルタムOS μC3にSuperH用のツールキットが登場

RTOS/デバッガ/コンパイラ/評価ボードをセットにしたお買い得なツールキット

イー・フォース株式会社 2008年10月27日

イー・フォース(東京都中央区日本橋蛎殻町1-26-8 三愛水天宮ビル2F、代表取締役:与曽井陽一)は、μITRON仕様 リアルタイムOS μC3とSuperHの開発環境がセットになったμC3 SuperHツールキットの発売を開始しました。

μC3 SuperHツールキットはμITRON OS/デバッガ/コンパイラ/評価ボードがセットになった開発キットです。本キットではSuperHプロセッサに最適化されたRTOS μC3/Standardと多くの採用実績を誇るComputex社のJTAGデバッガPALMiCE3との連携を強化。従来では検出が難しかったスタックオーバーフローの検出、タスクスイッチによるブレーク、デバッガからのμITRONのシステムコール発行などμITRONで開発されたマルチタスクアプリケーションのデバッグが簡単に行えるよう、強力なデバッグ機能に対応しました。価格は通常価格807,000円をキット価格598,000円でご提供いたします。

【製品構成】
・μC3/Standard開発ライセンス1名+組込みライセンスBasic(100コピー)
・PALMiCE3-SuparH(HUDI140)
・SuperH C/C++コンパイラ
・CSIDE RTOSデバッグライブラリ
・評価ボード (SH-2A, SH-3, SH-4, SH-4Aのいずれかのボード)

このプレスリリースの付帯情報

μC3 SuperHツールキット

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

イー・フォース株式会社の関連情報

イー・フォース株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?