自動車用安全システム市場を調査・分析した「2009年版 自動車先進安全システムの現状と将来性」出版

株式会社データリソース 2008年12月04日

総合技研株式会社が出版した「2009年版 自動車先進安全システムの現状と将来性」では、自動車用安全システムについて調査しています。また、交通事故件数や高齢者ドライバーの実態から、安全技術に需要について考察しています。

【調査対象システム】

1.カメラ・レーダー応用システム

   被害軽減ブレーキシステム
   車間距離維持支援システム
   ドライバーモニターシステム
   インテリジェントヘッドレストシステム
   車線変更支援システム
   車線維持支援システム
   駐車支援システム
   俯瞰映像カメラシステム
   暗視カメラシステム
   ビューモニターカメラ

2.ナビ協調システム

   ナビ協調シフト
   ナビ協調ブレーキ
   ナビ協調サスペンション

3.車両運動制御システム

   ESC
   VGRS
   車両運動統合制御システム
   トラクション・ブレーキ協調制御システム
   ステアリング・ブレーキ協調制御システム

4.その他システム

   AFS
   TPMS
   ポップアップエンジンフードシステム
   アルコールインターロックシステム

【調査項目】

Ⅰ.自動車安全技術を取り巻く環境

   法規制、国の政策
   高齢化社会と高齢者ドライバ

Ⅱ.交通事故分析

   1) 各種状況による交通事故死傷者の動向
   2) 事故の背景、要因からみた安全システムのニーズ分析
   3) 事故類型別からみる分析
   4) 今後交通死亡事故者数を減少させるために有効な安全システム

Ⅲ.個別システム

各システム共通

   1) システム概要と構成部品
   2) 参入メーカー
   3) 市場規模推移と予測
      2005-2008年実績
      2009-2015年予測
   4) システム採用車動向
   5) メーカーシェア動向
   6) カーメーカーと部品メーカーの業界マトリクス
   7) 技術開発動向


【調査レポート】
2009年版 自動車先進安全システムの現状と将来性
(リンク »)


[詳細資料] ※PDF136.3KB
(リンク »)


[総合技研について]
(リンク »)

※このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR