株式会社もしも、ショップオーナーにメールマガジン配信機能を提供する『メルダス』を12月18日(木)より開始

株式会社もしも 2008年12月17日

From DreamNews

「ドロップシッピング」で国内最大のサービスを展開する、株式会社もしも(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長 実藤裕史、(以下「もしも」) (リンク ») )は、ショップオーナーから商品を購入して下さった経験のある方(以下、「顧客」)へ、5つの手順で簡単にメールマガジンを配信出来るサービス『メルダス』の提供を、2008年12月18日(木)より開始いたします。
1.サービスの概要
 『メルダス』とは、システムを用いない人力での商品レコメンド(以下、「アナログレコメンド」)で、きめ細やかな顧客への接客を可能にする、メールマガジン配信サービスです。 従来、ドロップシッピングを用いた集客,販売のチャネルは狭く、ほとんどのショップオーナーは、『検索エンジン最適化(SEO)』か、『キーワード広告』の二択を用いて集客を行っていました。そんな中、一部のショップオーナーは、新たな販売チャネルとしてメールマガジンを用い、売上の拡大に役立てていました。 しかしながら、個人で独自に配信するメールマガジンには問題点があります。第一に、手間がかかるということ。メールマガジンを発行するためには、毎回オリジナルな文章を書かねばならず、さらにビジュアルで優れたHTMLメールを配信しようと思えば、HTMLに関する知識も必要になります。第二に、メールマガジンの配信先や配信内容を、顧客情報をもとにしてセグメントする事ができません。これにより、メールマガジン配信先の個々人に最適な商品紹介などのアプローチをする事ができませんでした。そして第三に、顧客に対してメールを送ることができません。商品の購入と同時に顧客情報を得るネットショップと違い、もしもでは顧客情報をショップオーナーに渡すことがないため、メールアドレスを取得することが出来ず、今までショップオーナーは、商品を購入するというアクションを起こした貴重な顧客に対し、アピールする機会を持てませんでした。 これらの問題を一挙に解決するため、もしもを介してショップオーナーと購入者とをつなぐことで、ショップオーナー21万人の実用に耐える新しい販売チャネルを生み出すのが、メールマガジン配信サービス『メルダス』です。

2.サービスの特徴 『メルダス』は、もしもが持つ顧客属性情報をもとに、もしもの会員であるショップオーナー個々の人力によるアナログレコメンドによって、システムを用いた商品レコメンドでは出来ない、おもてなしを実現するツールです。 『メルダス』の機能を利用すると、顧客の『購入商品名』『購入商品のカテゴリ』『購入日時』『購入回数』『性別』『年齢』という、6つの属性をひも付けて閲覧することが出来ます。ショップオーナーは、この属性を参考に、おすすめする相手と商品を勘案してメールマガジンを発行します。発行手続きはとても簡単で、高品質なHTMLメールを、専門的な知識を持たずに作成することが可能です。
 このサービスによって、ショップオーナーは顧客をリピーターにする機会が生まれ、売上の向上と安定化が見込まれます。また、顧客にとっても、必要な時に必要な情報が手に入る良質な情報媒体としてご利用頂けます。 このサービスの利用者層としてドロップシッピングで販売経験を持つショップオーナーを想定し、元々販売する力を持つショップオーナーの売上の向上をはかり、ひいてはドロップシッピング市場全体の拡大を目指します。

3.サービスの詳細■サービス開始日:平成20年12月18日(木)
■利用資格:もしもドロップシッピングに会員登録をしている方
■利用料:無料
このサービスは、以下の手順で簡単にご利用頂けます。(1)顧客の属性を見て、メールマガジンの配信先を決める
(2)送信するメールマガジンのテンプレートを選択する
(3)メールマガジンの件名を決定する
(4)メールマガジンに掲載するおすすめの商品を選択する
(5)メールマガジンの送信

4.今後の展開
 もしもは、現在会員数(ショップオーナー数)が21万を超え、更に増加を続けています。しかし、インターネットを利用した従来の販売チャネルは限られており、販売する力を持ちながら、ショップオーナー同士で競合し、売上を低下させる事態を避けなければならないという問題に対し常に対策を続けて参りました。今回の『メルダス』サービス提供により、ショップオーナーに対して新たな商機が開かれます。
 もしもは、提供しているすべてのサービスを、昨今の経済状況から需要が高まりつつある、『安定した副収入を得ることが出来る副業』としてご活用頂くため、今後も販売チャネルの増加に注力して参ります。

■リリースに関する問合せ先
株式会社もしも ドロップシッピング事業部 広報 新井
Tel: 03-5457-1912 FAX: 03-5457-1921 E-mail: pr@moshimo.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社もしもの関連情報

株式会社もしも

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!