ACUCOBOLデベロッパーズカンファレンス2006

東京システムハウス株式会社 2006年11月02日

開催場所: 東京

開催日:  2006年11月10日

申込締切日: 1970年1月1日

「ACUCOBOLデベロッパーズカンファレンス2006」開催

「MMS」ソリューション概要や製品機能について発表いたします。
詳細については、以下のURLをご参照ください。
(リンク »)

<開催概要>
日時:2006年11月10日(金) 13:00~17:30 (開場12:30)
主催:東京システムハウス株式会社
参加費:無料(事前登録制)
場所:東京コンファレンスセンター・品川大ホール
定員:300名
お申し込みURL:
(リンク »)

*MMSについて
1995年以来、東京システムハウスがホストCOBOL資産マイグレーションサービスで培ってきたリソース変換ツール、実行時ライブラリ、各種ミドルウェア連携技術、プロジェクト遂行ノウハウ等を集約したツール及びサービス群が「MMS」です。

- MMSの特徴 -
・既存リソースを可能な限り有効利用: 
COBOLに限らずJCL/画面定義/帳票定義などの既存資産を変換しオープンシステムで再利用します。
・高精度な変換技術:
ERP、再構築などに比べてより“短期間”“安全”“正確”に基幹システムオープン化を実現します。
・オープンテクノロジーとの融合:
「ACUCOBOL-GT¨」機能利用でオープン系の最新技術、ミドルウェア、他言語システムと柔軟に連携、
基幹システムのSOA実現を支援します。

関連情報へのリンク »

東京システムハウス株式会社の関連情報

東京システムハウス株式会社

東京システムハウス株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!