今からはじめる!メールアーカイブソリューションセミナー

ミラポイントジャパン株式会社 2008年12月04日

開催場所: 東京

開催日:  2008年12月17日

申込締切日: 2008年12月16日

新会社法や日本版SOX法の施行により、上場企業におけるEメール環境は、従来の状態のままでは使い続けることができなくなりました。すべてのEメールでのやりとりが、内部統制および監査の対象となり、訴訟の際の提出資料としても使われるようになったためです。
それでは、初めて取り組む「Eメールの保存(アーカイブ)は、どのようなポリシーのもとで、どこから手をつければいいのでしょうか?落とし穴はどこにあるのでしょうか?
今回の「メールアーカイブ」セミナーは、まさにそうした課題と不安に直面するお客様への解答をご提供します。


◇日 時:2008年12月17日(水) 15:00~ (受付開始 14:30)
◇会 場:
CTCSP駒沢オフィス 2F セミナーA/B
東京都世田谷区駒沢1-16-7 中村ビル TEL: 03-5712-8010
(リンク »)
◇参 加:無料 (事前登録制)
◇定 員:25名 (定員になり次第〆切)


◇15:00~   開会のごあいさつ シーティーシー・エスピー株式会社
◇15:10~
メールアーカイブソリューションの選択のポイント
シーティーシー・エスピー株式会社 企画本部 営業推進部2課 課長 片岡 幸嗣
メールアーカイブソリューションは、社会的な要請に伴い、大企業を中心に普及期を迎えようとしています。数あるメールアーカイブソリューションの仕組みの中で、それぞれのソリューションにはどのようなものがあるのか?そしてどのような形で運用していけばいいのか?お客様がこれからご導入を検討する上で、自社の環境・ニーズに合った仕組みをご採用いただくために、メールアーカイブ市場における特性や今後の動向などをご紹介いたします。


◇15:50~ 休憩


◇16:00~
300社以上の導入実績を持つHDEアーカイブソリューション
株式会社HDE ソリューション本部 ソリューション営業部 酒井 祐治
メールアーカイブ(保存)システムは、お客様の運用ポリシーやセキュリティ ポリシーにあったシステム構成が取れなければ、お客様のご要望を十分に満たせているとは言えません。また、運用の面からも簡単にメールを検索できるようなシステムでなければ、いくら保存していても十分に活用しているとは言えません。300社以上の導入実績を持つ「HDE Mail Filter」は、「柔軟なシステム構成」が取れるとともに、お客様の視点に立った「使いやすく分かりやすいインターフェース」を提供いたします。「HDE Mail Filter」の様々な機能を活用いただいている事例と共に製品のご紹介をさせていただきます。


◇16:30~
アプライアンスによるメールアーカイブ ~Mirapoint RazorSafeのご紹介~
シーティーシー・エスピー株式会社 企画本部 営業推進部2課 大沢 勇
メールアーカイブの導入に際しては、ソフトやハード、そしてストレージが必要となるため費用が高額化するほか、構築の際はS M T P 経路変更が必要など様々な課題に直面します。Mirapoint RazorSafeであれば、メールサーバの後方に設置するユニークな方法により、SMTP経路変更が不要で、アプライアンスを1台追加のみで導入ができます。これからメールアーカイブをご検討されるお客様のために、同社の他製品「RazorGate」(メールセキュリティ)および「MessageServer」(メールサーバ)を含むアプライアンスソリューションについてご紹介いたします。

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?