「'07 電池市場の実態と将来展望」を販売開始

エネルギー新市場・展望シリーズ ~ 電池業界の市場開発動向と将来性

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 2006年11月28日

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)は、情報通信関連機器・電子部品及び材料・エネルギー・環境についての調査業務を行う株式会社日本エコノミックセンター(代表取締役 石澤 宜之 東京都中央区)が発行する調査資料「'07 電池市場の実態と将来展望」の販売を開始しました。

報道関係者各位

平成18年11月28日
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
(リンク »)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー、
   「'07 電池市場の実態と将来展望」を販売開始
  ~エネルギー新市場・展望シリーズ
              ~ 電池業界の市場開発動向と将来性~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)は、情報通信関連機器・電子部品及び材料・エネルギー・環境についての調査業務を行う株式会社日本エコノミックセンター(代表取締役 石澤 宜之 東京都中央区)が発行する調査資料「'07 電池市場の実態と将来展望」の販売を開始しました。

【詳細URL: (リンク ») 】


■■ 調査概要 ■■

2005年での一次電池と二次電池を合計した電池の販売数量は、60億9,204万個となった。これは、前年比でほぼ同数である。販売金額は前年比で微増の6,891億100万円となった。72.6%を占める一次電池は、44億2,500万個でマンガン電池やアルカリ電池の減少が続いており、前年比で1.7%落ち込んだ。販売金額は2.2%減の1,453億9,900万円となり、数量以上に落ち込んでおり、単価がさらに下落していることを物語っている。

一方で、全体の27.4%を占める二次電池は、前年比4.7%増の16億6,704万個となったが、販売金額は5,437億200万円と1.3%増に留まった(経済産業省機械統計)。05年の電池総生産は、58億5,000万個と前年比で2.0%落ち込んだ。一次電池は前年比4.5%減の42億7,000万個で、二次電池は15億8,000万個と逆に5.3%増加した。生産総額は、6,741億円と0.4%増加した。一次電池は前年比2.7%減の1,430億円、二次電池は5,311億円と1.3%増となった。

電池業界は、4年連続でリチウムイオン二次電池(LiB)が数量増加したものの、激化する価格競争により販売金額は前年を下回った(1.6%減)。一次電池は製品別でも減少傾向は続いており、二次電池である自動車用鉛蓄電池とニッケル水素電池は前年比で増加している。小型二次電池業界はIT機器の需要回復とデジタルAV機器の普及拡大に支えられて、堅調に推移している。05年は、世界的に堅調な携帯電話と需要が回復したノートPC、さらには海外を中心に大幅な伸びを見せているデジタルカメラ向けを筆頭に、ニッケル水素電池からリチウムイオン電池へのシフトが進展、日本メーカーのリチウムイオン電池の05年販売数量は前年比11.8%増の9億2,650万個で、4年連続のアップとなった。ただ、グローバル市場での競争激化、特に中国、韓国メーカーをはじめとするアジアメーカーの攻撃を受け、単価は下落した。05年のリチウムイオン電池販売金額は同1.6%減の2,890億円にとどまった。ソニーのノートパソコン用リチウムイオン電池の自主回収問題で、同市場への影響も懸念される。


■■ 目次 ■■

第I章 電池業界の実態と展望
 1.電池市場の現状と将来展望
  (1)電池市場の動向と展望
   1)電池市場概況(2006年度)
  《統計資料》
   2005年電池総生産(電池工業会)/電池販売数量長期推移/
   電池販売金額長期推移/電池販売数量/金額推移比較/
   電池別販売数量長期推移/電池別販売数量推移比較/
   電池別販売金額長期推移/電池別販売金額推移比較
  (2)一次電池市場の動向と展望
   1)一次電池市場概況(2005年)
   2)主要各社の企業戦略(販売/生産/開発動向)
  《統計資料》
   一次電池販売数量/金額推移比較/一次電池別販売数量推移比較/
   一次電池別販売金額推移比較/一次電池販売数量/金額長期推移/
   一次電池別販売数量長期推移/一次電池別販売金額長期推移/
   マンガン乾電池販売数量/金額推移/アルカリ電池販売数量/金額推移/
   酸化銀電池販売数量/金額推移/リチウム電池販売数量/金額推移/
   一次電池生産販売在庫月別推移
  (3)二次電池市場の動向と展望
   1)二次電池市場概況(2005年)
   2)主要各社の企業戦略(販売/生産/開発動向)
  《統計資料》
   二次電池販売数量/金額推移比較/二次電池別販売数量推移比較/
   二次電池別販売金額推移比較/二次電池販売数量/金額長期推移/
   二次電池別販売数量長期推移/二次電池別販売金額長期推移/
   二次電池生産販売在庫月別推移
  (4)電池輸出入推移表(統計資料)
   (電池輸出数量/金額推移/一次電池輸出数量/金額推移表/
    一次電池別輸出数量推移表/一次電池別輸出金額推移表/
    二次電池輸出数量/金額推移表/二次電池別輸出数量推移表/
    二次電池別輸出金額推移表/電池輸入数量/金額推移表/
    一次電池輸入数量/金額推移表/一次電池別輸入数量推移表/
    一次電池別輸入金額推移表/二次電池輸入数量/金額推移表/
    二次電池別輸入数量推移表/二次電池別輸入金額推移表)
  (5)携帯電灯/電池器具推移表(統計資料)
   (携帯電灯/電池器具生産金額推移表/携帯電灯生産金額推移表/
    電池器具生産金額推移表/携帯電灯/電池器具輸出金額推移表)
  (6)二次電池市場の動向と展望
   1)リチウムイオン電池市場の動向
   (長期推移予測(数量/金額)1995~2016年)
   (長期推移予測(数量/単価)1995~2016年)
   (国内市場推移予測(2003~2010年)
   (電池メーカー国内シェア(2006年3月期))
   (世界市場推移予測(2003~2010年))
   (電池メーカー世界シェア(2006年3月期))
   2)市販ニッケル水素電池市場の動向
   (販売数量/金額長期推移(統計資料))
  (7)市販一次電池の動向(オキシライド電池)
  (8)自動車用蓄電池数量/金額長期推移(統計資料)
 2.電池市場・弊社集計分析結果(表・グラフ)
  (1)主要電池メーカー(弊社集計・推定)
   1)電池販売実績/推移予測(~2008年3月期)
   2)メーカー別電池売上金額推移予測
   3)メーカー別一次電池売上金額推移予測
   4)メーカー別二次電池売上金額推移予測
  (2)電池販売メーカーシェア(弊社集計・推定)
   1)電池販売メーカーシェア(2006年3月期)
   2)一次電池販売メーカーシェア(06年3月期)
   3)二次電池販売メーカーシェア(06年3月期)
   4)一次電池別販売シェア(2006年3月期)
   5)二次電池別販売シェア(2006年3月期)

第II章 電池関連材料と技術の動向
 1.電池用正極材の動向と展望
  (1)電池用正極材の概要と動向
  (2)正極材関連メーカーの最新動向
  (JFEミネラル(株)/住友金属鉱山(株)/セイミケミカル(株)/
   (株)田中化学研究所/東ソー(株)/豊田中央研究所(株)/日揮化学(株)/
   日鉱金属(株)/日本化学工業(株)/日本電工(株)/本荘ケミカル(株)/
   三井造船(株)/三菱化学(株))
 2.電池用負極材の動向と展望
  (1)電池用負極材の概要と動向
  (2)負極材関連メーカーの最新動向
  ((株)昭和電工(株)/東海カーボン(株)/日本カーボン(株)/
   日立化成工業(株)/日立粉末冶金(株)/他)
 3.電池用セパレータの動向と展望
  (1)電池用セパレータの概要と動向
  (電池用セパレータの概要/流動パラフィンの概要と動向)
《グラフ》リチウムイオン電池用セパレータ予測
  (2)セパレータメーカーの最新動向
  (旭化成ケミカルズ(株)/テイカ(株)/東燃ゼネラル石油(株)/東洋紡績(株)
   /日本マタイ(株)/松村石油研究所(株))
 4.電解液・電解質・イオン性液体の動向
  (1)電解液・電解質の概要と動向
  (2)イオン性液体の概要と動向
  (3)イオン性液体メーカーの動向
  (ステラケミファ(株)/第一工業製薬(株)/東亜合成(株)/東洋合成工業(株)
   /日本カーリット(株)/日本合成化学工業(株)/森田化学工業(株))
 5.リチウム化合物の動向と展望
  (1)リチウム化合物市場の概況
  (2)炭酸リチウムの市場概況
 6.電池用周辺部品の動向と展望
  (1)リチウムイオン電池保護用ICの動向
  (2)リチウムイオン電池用バインダ・サーミスタ
 7.有力電池材料関連企業の動向と展望
 8.電池関連技術の動向と展望(企業・団体)
 (NTTドコモ(株)/川崎重工業(株)/秋田大学/その他)

第III章 電池応用市場の動向と展望
 1.クリーン自動車市場の動向と展望 
  (1)クリーン自動車市場の概要と動向
  1)クリーン自動車の市場概況 2)クリーン自動車の普及状況
  3)自動車メーカーの最新動向)
  《グラフ》
   国内乗用車販売台数推移予測/クリーン自動車販売台数推移/
   クリーン自動車保有台数推移/各クリーン自動車の開発年表
  (2)クリーン自動車用蓄電デバイス
  (3)主要電池関連メーカーの動向と展望
 2.小型蓄電装置(デバイス)の市場動向と展望
  (1)電気二重層キャパシタの市場動向
  1)電気二重層キャパシタの動向と展望 2)関連メーカー・団体の概要動向
  3)キャパシタの応用分野概要 4)大形キャパシタの市場動向
  (2)電気二重層キャパシタの技術動向
  1)キャパシタ技術の概要 2)キャパシタ技術の動向
  3)キャパシタの構成材料(表) 4)次世代キャパシタ 5)PASキャパシタ
 (3)電気二重層キャパシタメーカーの動向
 (FDK(株)/北川精機(株)/昭栄エレクトロニクス(株)/新日本石油(株)/
  デュポン帝人アドバンスドペーパー(株)/日清紡績(株)/日本ケミコン(株))
《参考》主要メーカーの製品仕様・ラインアップ
 3.大型蓄電装置の市場動向と展望(NAS電池)
 4.超小型燃料電池の技術開発動向
  (1)携帯用燃料電池の開発動向と展望
  (2)リチウムイオン二次電池との関連
  (3)携帯用燃料電池メーカーの開発動向
  (カシオ計算機(株)/三洋電機(株)/セイコーインスツル(株)/
   (株)東芝/NEC(株)/日立マクセル(株))
  《グラフ》
   国内携帯電話出荷台数推移/国内ノート型PC出荷台数・単価推移/
   携帯型オーディオ出荷台数推移/デジタルカメラ出荷台数予測

第IV章 電池関連メーカーの動向と戦略
 1.主要電池メーカーの動向と戦略
  ※(調査内容は主要メーカー個票見本を参照)
  (1)株式会社 SIIマイクロパーツ
  (2)NECトーキン 株式会社
  (3)FDK 株式会社
  (4)三洋ジーエスソフトエナジー 株式会社
  (5)三洋電機 株式会社
  (6)株式会社 ジーエス・ユアサコーポレーション
  (7)新神戸電機 株式会社
  (8)ソニー株式会社
  《参考》自主交換プログラム/自主回収の経緯
  (9)ダイヤセルテック 株式会社
  (10)東芝電池 株式会社
  (11)日立マクセル 株式会社
  (12)富士フイルムイメージング 株式会社
  (13)古河電池 株式会社
  (14)松下電池工業 株式会社
 2.海外電池関連企業の動向と展望


■■商品概要■■

資 料 名:「'07 電池市場の実態と将来展望」
発 刊 日:2006年11月1日
発  行:株式会社日本エコノミックセンター
販  売:サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
判  型:B5判 230頁
頒  価:
68,000円(本体価格64.761円+消費税3,239円)別途税込送料500円

【詳細URL: (リンク ») 】

【お申し込み方法】
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を
明記の上お申し込みください。
また、上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフ
ォームでのお申し込みも可能となっております。


■■ サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 ■■

・設 立 :1995年10月
・資 本 金:151,450,000円(2003年11月20日現在)
・代 表 者:代表取締役 土屋 継
・U R L: (リンク »)
・連 絡 先:〒107-0052
      東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
      TEL:03-3560-1368 / FAX:03-3560-1330
      info@ns-research.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■
※2006年9月4日(月)商号の変更及び住所移転いたしました。
〒107-0052
東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
TEL: 03-3560-1368 / FAX: 03-3560-1330
担当:安田
info@shop.ns-research.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の関連情報

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!