サイボウズなど、「アクアピア新百合」にシンクライアントシステムを導入

CNET Japan Staff 2007年10月05日 19時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイボウズと同社のグループ会社であるサイボウズ・メディアアンドテクノロジーは10月4日、社団神緑会の施設である「介護老人保健施設アクアピア新百合」に、Nextermのシンクライアント「RT-500」とグループウェア「サイボウズ Office」の導入を開始したことを発表した。

 アクアピア新百合では、セキュリティの強化、運用/管理コスト削減、不要なインストールの防止、職場環境の整備、PC操作の簡素化、省スペース化、業務の効率化などを目的に、RT-500を20台、Thinple Note TN50を6台および50ユーザー版のサイボウズ Office 6を採用した。

 同システムの設計、構築、運用は匠技術研究所が支援している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?