「端末メーカ各社の海外動向-2004年度通期-」を販売開始

~期初予測を大幅に下回った2004年度通期の海外出荷~

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 2005年06月27日

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるネットアンドセキュリティ総研株式会社(代表取締役 原 隆志 東京都港区)は、モバイル・マーケティング・レポートの企画・制作を行うエムレポート(代表 大門 太郎)が、2004年度の端末メーカ各社の海外動向について調査し、レポートにまとめた「端末メーカ各社の海外動向-2004年度通期-」の販売を開始しました。

報道関係者各位

平成17年6月27日
ネットアンドセキュリティ総研株式会社
(リンク »)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ネットアンドセキュリティ総研、「端末メーカ各社の海外動向-2004年度通期-」を販売開始 ~期初予測を大幅に下回った2004年度通期の海外出荷~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるネットアンドセキュリティ総研株式会社(代表取締役 原 隆志 東京都港区)は、モバイル・マーケティング・レポートの企画・制作を行うエムレポート(代表 大門 太郎)が、2004年度の端末メーカ各社の海外動向について調査し、レポートにまとめた「端末メーカ各社の海外動向-2004年度通期-」の販売を開始しました。

「端末メーカ各社の海外動向-2004年度通期-」
詳細URL: (リンク »)


■■ 調査概要 ■■

▼海外市場に注力するものの撤退も続く
現在、世界中の端末メーカから注目を浴びている中国市場は、日本メーカにとっても魅力的な市場といえます。京セラは2005年に2-3機種の低価格帯端末を市場投入し、NECが中国市場での研究者増員と研究費増額を図り、パナソニック モバイルは4月に中国市場でSCMを導入しました。しかし、東芝は中国市場での端末生産や販売事業を一時停止しています。

一方、3Gや高機能端末が広まりつつある欧州市場では、いよいよ日本メーカの強みが発揮されます。ただ、三菱電機は欧州子会社の解散及び清算を発表しています。また、北米市場では京セラが現地子会社のCDMA方式端末生産設備や部品在庫などを売却しました。なお、3大市場以外にも、すでにNECはロシア市場で2.5G端末の販売を開始しています。


■ キーワード

・2004年度出荷は予測大幅減に
 端末メーカ各社は2004年度通期に海外出荷の大幅増を見込んだものの、京セラやシャープを除いて微増や減少にとどまりました。
・2005年度出荷は控えめな予測
 端末メーカ各社とも2004年度の教訓を活かしてか、2005年度通期は堅実な予測を立てています。
・東芝は中国市場から撤退
 東芝が2005年4月に中国市場での携帯電話端末の生産や販売事業を一時停止したと発表し、今後は欧州市場の高機能端末に注力します。
・三菱電機も欧州市場撤退
 三菱電機が2005年4月に携帯電話端末事業の業績改善見通しが立たないため、欧州子会社の解散に向けた清算手続きを開始することを決定しました。

■ 国内外出荷台数推移と予測(2002-2005年度)

▼2004年度通期は国内出荷に遠く及ばず
前回レポートでは、2004年度通期における携帯電話端末の海外出荷台数を4,930万台と予測したものの、主要メーカ6社(京セラ/パナソニック モバイルコミュニケーションズ/三洋電機/NEC/シャープ/三菱電機)合計で3,414万台となりました。当初、2004年度通期に大幅増を見込んだものの、京セラやシャープを除いて微増や減少にとどまりました。海外出荷を増加させたい日本メーカであるが、なかなか計画どおりには進んでいないのが現状です。


■■ 資料目次 ■■

要約

キーワード

1.市場概況

 投資進む中国市場で東芝は一時撤退
 高機能化進む欧州市場で三菱電機が撤退
 米国で端末事業の効率化を進める京セラ
 NECがロシア市場で2.5G端末の販売を開始

2.国内外出荷台数推移と予測(2002-2005年度)

 2004年度通期は国内出荷に遠く及ばず
 図:携帯電話端末の国内外出荷台数推移と予測(エムレポート推定)
 表:携帯電話端末の国内外出荷台数推移と予測
 主なメーカ別海外シェア(2004年度通期)
 表/図:メーカ別海外シェア
 主なメーカ別海外シェア(2005年度通期予測)
 表/図:メーカ別海外シェア(単位:万台)

3.端末メーカ各社の動向と今後の計画

 京セラの動向
 2005年度は世界的に1,500万台を出荷
 表:京セラ・グループの携帯電話端末の出荷台数推移と予測
 【中国市場向け展開】
 2005年は低価格帯端末に焦点
 【米国市場向け展開】
 5月に米国の端末生産設備や部品在庫などを売却
 CTIAで各種1x方式端末を展示
 パナソニック モバイルコミュニケーションズの動向
 海外事業での不振で営業赤字
 表:PMCの売上高と営業利益、設備投資額の推移
 2005年度は前年度比10%増を計画
 表:PMCの携帯電話端末の出荷台数推移
 【中国市場向け展開】
 4月に中国市場でSCMを導入
 3月にX800がChina Mobile認定端末に承認
 表:X800の主な仕様
 【その他の市場向け展開】
 3GSMでGSM方式端末の各種シリーズなどを展示
 表:海外市場向けGSM方式端末シリーズの主な特長
 三洋電機の動向
 海外が前年度比10%減となった2004年度通期
 表:三洋電機の電話機の国内外連結売上高推移
 表:三洋電機の電話機事業の単独売上高推移
 2004年度通期は前年度比微増の海外出荷
 表:三洋電機の携帯電話端末の出荷台数推移
 【その他の市場向け展開】
 3月にSmarToneが三洋電機製端末の販売を開始
 日本電気(NEC)の動向
 2004年度は約250億円の営業赤字
 表:NECのモバイルターミナル事業の売上高推移
 前年度比微増の海外端末出荷台数
 表:NECの携帯電話端末の出荷台数推移
 【中国市場向け展開】
 中国市場で研究者増員と研究費増額を実施
 【欧州市場向け展開】
 3GSMで海外市場向け端末を展示
 【その他の市場向け展開】
 3月にロシアの2.5G端末市場へ参入
 表:e242/e101の主な仕様
 表:ロシア市場の携帯電話端末の販売台数推移と予測
 シャープの動向
 3G端末が好調で前年度比20%増の売上高
 表:シャープの携帯電話/PHS端末の売上高推移
 2004年度通期は前年度比50%増の海外出荷
 表:シャープの携帯電話端末の出荷台数推移
 【欧州市場向け展開】
 欧州市場で高機能端末を中心に展開
 端末事業の好調要因は開発姿勢にあり
 Ferrari Modelで販売促進
 独T-Mobileへも端末を供給
 東芝の動向
 2004年度通期の海外出荷は前年度割れ
 表:東芝の携帯電話端末の出荷台数推移
 【中国市場向け展開】
 中国の端末生産/販売事業から一時撤退
 【欧州市場向け展開】
 2005年第2四半期に欧州でVodafone 902Tを出荷
 三菱電機の動向
 2004年度は前年度比横ばいの海外出荷
 表:三菱電機の携帯電話端末の出荷台数推移
 【欧州市場向け展開】
 4月に仏MMCEの解散及び清算を発表

4.その他の動向

 ルネサス テクノロジの動向
 4月にBenQ製GSM方式端末へSH-Mobileが採用
 表:Qube(BenQ Z2)の主な仕様
 3月に仏Renesas Design Franceを設立
 表:仏Renesas Design Franceの会社概要
 ACCESSの動向
 2005年は海外向け出荷が2倍に
 3月にDatang Mobileとソフト・ライセンス契約を締結
 2月に米Motorola製端末へのソフト搭載を発表
 2月に仏Bouygues Telecomと携帯電話サービスで協業

5.関連リンク

 表:関連リンク(五十音順)


■■ 資料概要 ■■

「端末メーカ各社の海外動向-2004年度通期-」

発 刊 日:2005年6月
判  型:A4版26頁〔PDF資料〕
発  行:エムレポート
販  売:ネットアンドセキュリティ総研株式会社
頒  価:15,750円(本体価格15,000円+消費税750円)

【詳細URL】 (リンク »)

【お申し込み方法】
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を明記の上お申し込み下さい。また、上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフォームでのお申し込みも可能となっております。


■■ ネットアンドセキュリティ総研株式会社 ■■

・設  立:1996年10月
・資 本 金:151,450,000円(2003年11月20日現在)
・代 表 者:代表取締役 原 隆志
・事業内容:インターネットビジネスの総合シンクタンク
・取扱商品:・企業様のweb、メールマガジンのコンテンツ企画、制作、運用、顧客対応業務の代行
      ・セキュリティ製品レビュー、ウイルス情報、セキュリティホール情報、インシデント情報など幅広くセキュリティ情報を提供
      ・情報通信市場、ネットビジネスに特化した独自調査の企画、受託、調査資料の制作・販売
      ・インターネットリサーチの実施および事業立ち上げ支援サービスなど
・U R L: (リンク »)
・連 絡 先:〒107-6035 東京都港区赤坂1-12-32
      赤坂アークヒルズ・アーク森ビル35階
      ネットアンドセキュリティ総研株式会社
      株式会社ライブドア内
      TEL:03-5545-6580 / Fax:03-5545-6582
      info@ns-research.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■

〒107-6035 東京都港区赤坂1-12-32
赤坂アークヒルズ・アーク森ビル35階
ネットアンドセキュリティ総研株式会社
株式会社ライブドア内
TEL: 03-5545-6580 / Fax:03-5545-6582
担当:坂口
info@shop.ns-research.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の関連情報

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR