ジェネシス社、ガートナー社の 「IVRシステムと企業向け音声ポータル分野のマジック・クワドラント2005」において、リーダー企業にランク

オープンスタンダードに準拠した音声ポータル・ソフトウェア・ソリューション”Genesys Voice Platform”が大きな評価を得る

ジェネシス・ジャパン株式会社 2005年08月09日

ジェネシス社、市場調査会社のガートナー社(Gartner, Inc.)が今年6月に発表した「IVRシステムと企業向け音声ポータル分野のマジック・クワドラント2005」において、ジェネシス社がリーダー企業にランクされたと発表しました。マジック・クワドラントは、「ビジョンの完全性」と「ビジョンの実行能力」、製品機能やラインアップ、顧客からのフィードバックなどの観点から、ベンダーを評価しています。

ジェネシス社、ガートナー社の
「IVRシステムと企業向け音声ポータル分野のマジック・クワドラント2005」において、リーダー企業にランク

サンフランシスコ、2005年7月26日-ジェネシス社(Genesys Telecommunications Laboratories, Inc.)はこのほど、市場調査会社のガートナー社(Gartner, Inc.)が今年6月に発表した「IVRシステムと企業向け音声ポータル分野のマジック・クワドラント2005」において、ジェネシス社がリーダー企業にランクされたと発表しました。マジック・クワドラントは、「ビジョンの完全性」と「ビジョンの実行能力」、製品機能やラインアップ、顧客からのフィードバックなどの観点から、ベンダーを評価しています。

このレポートの中で、ガートナー社のアナリストであるBern Elliot氏とDrew Kraus氏は、最近3年間におけるコンタクトセンターのセルフサービスにおけるベストプラクティスの急激な変化に言及し、柔軟な音声応答ソリューションを導入することで、コンタクトセンターのコスト削減と効率向上を実現できると説明しています。また同レポートには、「従来のプラットフォームは使命を終えつつあるため、組織がアプリケーションの構築方法や展開方法を考える際には、(セルフサービスの)アーキテクチャにおける(最近の)進化を考慮に入れなければならない」と示されています。

このような市場トレンドの中で、ジェネシス社が市場において大きな存在感を示すことができているのは、オープンスタンダードに準拠した音声ポータル・ソフトウェア・ソリューション”Genesys Voice Platform”が成功しているからです。Genesys Voice Platformは、音声アプリケーションの開発や展開のための高性能な通話処理やメディア・サービスなど、従来のIVR以上の強力な機能を提供しています。

Genesys Voice Platformは、エンタープライズ・エディション(500ポート以下)とネットワーク・エディション(500ポート超)があり、どちらもIP対応型となっています。これにより、あらゆる規模の企業の音声応答のニーズに対応し易くするともに、柔軟にIP環境に移できます。
「Genesys Voice Platformは、IP機能、Webベースのアーキテクチャ、スピーチ機能とIVR機能のすべてが組み込まれており、単独で使用できるだけでなく、他のジェネシスの製品ともシームレスに連携でき、セルフサービスとエージェントによる先進のサポートサービスを実現できます。」と、ジェネシス社、CTO、Elliot Danzigerは述べています。また、「ジェネシス社は、ガートナー社の年次レポートにおいて2年連続でリーダー企業にランクされました。このことは、ジェネシス社が、信頼性の高い、スケーラブルな、先進テクノロジーによるコンタクトセンター向けソリューションを提供していることを示す証拠であると確信しています」とコメントしています。

Genesys Voice Platformの主な機能は以下の通りです。

・純粋なソフトウェア・ソリューション - VoiceXML 2.0やSIP(Session Initiation Protocol)をはじめとしたオープンスタンダードな技術を活用して、顧客がどの電話からでもWebベースの情報を利用できるようにするとともに、開発、展開、運用のコストを削減します。

・セルフサービスとエージェントによるサービスの統合 - ジェネシス社のすべてのコールセンター・ソリューションとの連携により、企業は、自動的な応対からエージェントによるサポートを併用した応対まで、顧客サービス機能を容易に拡大、高度化できます。

・開発パートナーやアプリケーションの広範囲にわたるエコシステム – このプラットフォームは、専用設計のソリューションにおいてもサードパーティのパッケージ・ソリューションにおいても、最高品質のアプリケーションとスピーチ・テクノロジーをサポートするため、企業は短期間でメリットを得ることができ、ITコストを削減できます。

・柔軟な展開とスケーラビリティ - 障害耐性の高い分散型アーキテクチャであるため、PBXの前にも後にも、IP経由でも従来のTDM回線経由でも、あるいは構内用としても通信業者やサービスプロバイダにより運営されるサービスとしても導入が可能です。

また、今年初めには、ガートナー社は、音声ポータルの出荷数においてジェネシス社を2003年度の世界一のベンダーにランクしています。

Magic Quadrantに関する免責事項
Magic Quadrantは、ガートナー社が著作権を取得しており(2005年6月)、ガートナー社の許可を得て再掲したものです。Magic Quadrantは、特定の時点または期間における特定の市場を図式的に表現したものです。Magic Quadrantは、当該市場に関してガートナー社が定めた基準に従って、ガートナー社が特定のベンダー群を評価した結果を示したものです。ガートナー社は、Magic Quadrantに示された特定のベンダー、製品、またはサービスを推奨するものではありません。また「リーダー」クワドラントとしてランクしたベンダーのみを選択するようにテクノロジー利用者に推奨するものではありません。Magic Quadrantは調査ツールとしての使用のみを意図したものであり、特定の行為への誘導を意図したものではありません。ガートナー社は、明示的にも暗黙的にも、本調査に関して、販売性や特定の目的に対する適合性など、一切の保証を行いません。



<本リリースに関する報道関係からのお問い合わせは下記にお願いいたします>
ジェネシス・ジャパン株式会社 
マーケティング部
斉藤哲也
Tel: 03-5649-6863   Fax:03-3249-3419
Email:saito@genesyslab.com

用語解説

ジェネシス社について
ジェネシス社(Genesys Telecommunications Laboratories, Inc.、米国カリフォルニア州デイリーシティ)は、コンタクトセンター向けに100%特化したソフトウェア会社です。Global 2000やFortune 1000にランクされるリーディングカンパニーは、ジェネシスを採用することで、顧客サービスを改善し、業績を向上させています。ジェネシス社は、80カ国、3000以上の企業において導入され、毎日1億件を超える企業と顧客間のコミュニケーションを処理しています。ジェネシスを利用することで、企業は、従来からの電話とIPの両方の環境において、顧客からの問い合わせ内容、社員、顧客の情報を紐付け、ビジネス上の重要な目標を達成することができます。音声、eメール、文書、Web経由の問い合わせなど、各種問い合わせチャネルを統合できる洗練されたルーティングやレポーティング、セルフサービスとの融合によって、顧客からの問い合わせを最初から正しいリソースにすばやく接続することができます。ジェネシス社のソリューションを利用することで、企業は、顧客の不満を解消し、最高の満足感を与え、業績を向上させることができます。詳しくは、ジェネシス社のウェブサイトwww.genesyslab.com.をご覧ください。

ジェネシス・ジャパン株式会社について
ジェネシス・ジャパンは、ジェネシス社(Genesys Telecommunications Laboratories, Inc.、米国カリフォルニア州デイリーシティ)の日本法人として1997年に設立されました。日本国内では、350社以上のユーザーを有しています。詳細は (リンク ») で参照いただけます。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ジェネシス・ジャパン株式会社の関連情報

ジェネシス・ジャパン株式会社

ジェネシス・ジャパン株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR