編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

ジェネシス、LogMeIn社からBold360を買収する意向を表明

ジェネシス・ジャパン株式会社

From: DreamNews

2021-03-18 13:30

2021年3月18日 [日本語訳]

ジェネシス、LogMeIn社からBold360を買収する意向を表明

統合によってExperience as a Serviceのビジョンを推進し、
デジタル・カスタマーエクスペリエンスの新しい境地を開拓

サンフランシスコ - 2021年3月16日 - クラウド・カスタマーエクスペリエンスおよびコンタクトセンター・ソリューションのマーケットリーダーであるジェネシスは、AIを活用したデジタルカスタマーエンゲージメントのリーダーであるBold360を買収する意向を発表しました。LogMeIn社から提案されているBold360の買収は、GenesysのExperience as a Service(SM)ビジョンを推進するものです。世界の大手企業が採用し、業界アナリストにも認められているBold360は、会話型AI、ダイナミックなナレッジベース、直感的なエージェント体験など、先進的なデジタル機能を搭載しています。

ジェネシスは、Genesys AI、データプラットフォーム、パートナーエコシステムにBold360の機能を補完的に組み合わせることで、ビジネスやチャネルのあらゆるシーンにおいて、その場の状況に応じた、コンテキストを背景にパーソナライズされたエクスペリエンスの提供を実現します。ジェネシスはBold360の買収によって、Experience as a Serviceのビジョンをさらに加速し、マーケティング、セールス、サービス体験を顧客の共感と密接に結びついたものへと再構築します。

Experience as a Serviceは、企業が顧客に耳を傾け、理解し、事前に顧客行動を予測することで、より効果的かつ共感を伴った顧客体験の提供を実現するものです。顧客エンゲージメントとサービス部門はコストセンターから脱却し、収益を促進するこれまで以上に戦略的な部門になりつつあります。Gartner社によると、「2025年までに、デジタル・カスタマー・エンゲージメントのデファクト・リーダーになった顧客サービス部門の40%が、プロフィット・センターとなる」としています。

本件に関するコメント

● 「Experience as a Serviceは市場から圧倒的に好意的な反応を得ています。これは常に共感を持ちながら顧客と関わる方法を革新したいという企業の熱意を反映しています。多くの企業が、あらゆるチャネルのあらゆるエンゲージメントにおいて、顧客とより人間的なつながりを築く機会を逃していることに気づいています。Bold360とともに目指すことは、デジタルでの体験をより濃密かつダイナミックにパーソナライズされたものへと変革することです。」と、ジェネシスのCEO兼委員長のトニー・ベイツは述べています。

● 「Genesys Cloudを導入することで、会員に提供するサービスの水準を高めるために必要な機能をすべて備えた堅牢なカスタマーエクスペリエンスプラットフォームを手に入れました。Bold360とGenesys Digitalおよび AIプラットフォームの組み合わせは、ゲームチェンジャーであり、これが当社のデジタルチャネルの拡大にどのように役立つかを楽しみにしています。」と、TechStyle Fashion GroupのGMSテクノロジー/アナリティクス/プロダクト担当シニアディレクター、Aarde Cosseboom氏は述べています。

● 「企業は顧客中心にならなければなりません。ビジネスプロセスを、個々のチャネルではなく、顧客の体験に基づいて方向付ける必要があります。最も有望な分野のひとつは、デジタルとそれ以外の体験を統合することです」と、IDCのカスタマーエクスペリエンス担当プログラム・バイスプレジデントのアラン・ウェバー氏は述べています。

● 「LogMeIn社は、Bold360が大規模コンタクトセンターでの採用が進み、毎年10億件以上の顧客とのインタラクションをサポートするカスタマーエンゲージメント・ソリューションに成長したことに誇りをもっています。当社は、市場をリードする製品群を通じ、世界中のどこからでも仕事ができる新しい働き方において、成長企業が生産性、コラボレーション、安全性を確保できるようにするための投資とイノベーションに注力しています。Bold360の今後の可能性を最大限に引き出すために、ジェネシスが適切なオーナーであると確信しています。」と、LogMeIn社の社長兼CEOであるビル・ワグナー氏は述べています。

買収完了後、Bold360はジェネシスのエグゼクティブ・バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーであるBarry O'Sullivanが率いるGenesys DigitalおよびAIビジネスユニットに加わります。今回の買収は、クラウドの記録的な成長を遂げ、2021年会計年度だけでGenesys Cloud(TM)とGenesys Engage Multicloud(TM)合計で800社以上の新規顧客を獲得するなど、ジェネシスの勢いをさらに加速させるものと期待されます。

本取引の詳細
提案されている取引は2021年前半に完了する予定です。Genesysの法律顧問はFried, Frank, Harris, Shriver & Jacobson LLPが務めています。Mizuho Securities USA LLCがLogMeInの独占的財務アドバイザーを務め、Latham & Watkins LLPが法務アドバイザーを務めています。

ジェネシスについて
ジェネシスは世界100カ国以上において、毎年700億件以上の卓越したカスタマーエクスペリエンスを支えています。クラウドとAIのパワーを通じて、ジェネシスのテクノロジーはマーケティング、セールス、サービスのすべてのチャネルにおけるカスタマーモーメントをつなぐとともに、従業員の体験も改善します。Experiences as a Service(SM)のパイオニアとして、企業規模に関係なく、すべての企業が真のパーソナライゼーションを大規模に、共感を持ってかかわり、信頼とロイヤリティを育みます。これらは、パブリック・クラウド・コンタクトセンター・プラットフォームを世界でリードする、オールイン・ワン・ソリューションのGenesys Cloud(TM)によって実現され、迅速なイノベーション、スケーラビリティ、柔軟性を提供します。詳しくは、 (リンク ») をご覧下さい。


LogMeIn, Inc.について
LogMeIn, Inc.のGoTo、LastPass、Rescue、LogMeIn Centralなどのカテゴリーを代表する製品は、世界中の何百万人もの人々や企業が、どんなデバイスでも、どんな場所でも、どんな時でも、簡単かつ安全に最高の仕事ができるようにすることで、現代の労働力の可能性を解き放ちます。リモートワーク技術のパイオニアであり、今日の「どこでも仕事」ムーブメントの原動力となっているLogMeInは、数千万人のアクティブユーザー、3,500人以上のグローバルな従業員、13億ドル以上の年間売上高を誇る世界最大級のSaaS企業となり、世界中で約200万人の顧客が同社のソフトウェアを日々の生活に欠かせないものとして利用しています。当社は、マサチューセッツ州ボストンに本社を置き、北米、南米、欧州、アジア、オーストラリアに拠点を置き、世界各地に数千のホームオフィスを有しています。

将来の見通しに関する記述
本プレスリリース中の記述のうち、過去または現在の事実ではないものは、リスクと不確実性を伴う将来予想に関する記述です。法律で義務付けられている場合を除き、ジェネシスは、本プレスリリースの発表日以降の状況や出来事を反映させるために、将来の見通しに関する記述を更新または修正する義務を負いません。

※リリース内下線箇所リンク先URL
・クラウド・カスタマーエクスペリエンス
(リンク »)
・コンタクトセンター・ソリューション
(リンク »)
・ジェネシス
(リンク »)
・Experience as a Service
(リンク »)
・Barry O'Sullivan
(リンク »)
・Genesys Cloud
(リンク »)
・Genesys Engage Multicloud
(リンク »)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]