ネットアンドセキュリティ総研、 「着信メロディ市場の動向と今後の展望(3)」を販売開始

~2004年の市場規模は1,300億円強、2005年はさらに拡大見込み~

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 2005年10月25日

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるネットアンドセキュリ ティ総研株式会社(代表取締役 原 隆志 東京都港区)は、モバイル・ マーケティング・レポートの企画・制作を行うエムレポート(代表 大門 太郎)が、2004年における着信メロディ配信サービス市場などについて 調査し、レポートにまとめた「着信メロディ市場の動向と今後の展望(3)」 を販売を開始しました。

報道関係者各位

平成17年10月25日
ネットアンドセキュリティ総研株式会社
(リンク »)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ネットアンドセキュリティ総研、
   「着信メロディ市場の動向と今後の展望(3)」を販売開始
~2004年の市場規模は1,300億円強、2005年はさらに拡大見込み~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるネットアンドセキュリティ
総研株式会社(代表取締役 原 隆志 東京都港区)は、モバイル・マーケティ
ング・レポートの企画・制作を行うエムレポート(代表 大門 太郎)が、2004
年における着信メロディ配信サービス市場などについて調査し、レポートに
まとめた「着信メロディ市場の動向と今後の展望(3)」を販売を開始しました。

詳細URL: (リンク »)

■■ 調査内容 ■■

●着うたフルにボーダフォンも参入

現在のところ、着信メロディ市場のサービス動向は着信メロディから、楽曲
の一部を利用できる「着うた」や楽曲すべてを配信する「着うたフル」へ
移行しつつある。KDDIは2004年11月からEZ着うたフルを開始し、ボーダフォン
も2005年8月に追従した。一方、最大手のNTTドコモは着うた自体は提供して
いるものの、着うたフル市場へは参入せずに静観の構えをみせている。

●公取委とCPとの着うた審判が進む

「着うた」「着うたフル」配信サービスが続々と開始される中、着うたを
巡る独占禁止法違反審判事件も起こっている。公正取引委員会の排除勧告に
応じなかった大手コンテンツ・プロバイダ4社に対する第1回審判が2005年6月
22日に公取委審判廷で開かれた。しかし、ソニー・ミュージックエンタテイン
メントやユニバーサルミュージック、ビクターエンタテインメント、エイ
ベックスネットワークの4社は答弁書を提出して争う姿勢だ。

●着メロは安定、着うたが急成長

すでに1,000億円超の着信メロディ市場は2004年に前年比6.0%増となる
1,167億円になった。従来の2G向けコンテンツから3G向けへ移行しつつある中
で健闘したといえる。一方、「着うた」「着うたフル」市場は急成長して200億
円規模に拡大した。パケット定額制サービスや携帯電話端末の高機能化が
後押しした格好だ。ただ、コンテンツの主流が3G向けへ移行しているとはいえ、
まだまだ着信メロディ市場の存在は大きい。

●キーワード

・着うたフルに背を向けるドコモ!!
KDDIやボーダフォンが提供している「着うたフル」に、現在のところNTTドコ
モは静観の構えをみせている。

・着うた審判が進行中!!
審判の結果により、さらに「着うた」「着うたフル」市場が活性化するかどう
かに注目が集まる。

・急成長の着うた系市場!!
パケット定額制サービスや携帯電話端末の高機能化などにより、「着うた」
系市場が急拡大している。

■■ 市場規模推移と予測 2004~2009年 ■■

●2004年の着信メロディ系市場は1,300億円強

モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)によれば、2004年の着信メロディ系
市場は前年比21.2%増となる1,368億円になったという。特に「着うた」「着う
たフル」市場は同617.9%の201億円を記録して大幅な成長がみられている。
一方、着信メロディ市場は横ばいの1,167億円に落ち着いた。MCFは2G向けコン
テンツが飽和してくる中、着うたなどの3G向け大容量コンテンツが急成長した
と分析している。

■■ 目次/図表 ■■

要約
キーワード

1.市場概況
 着うたフルにボーダフォンも参入
 公取委とCPとの着うた審判が進む
 着メロは安定、着うたが急成長

2.市場規模推移と予測(2004~2009年)
 2004年の着信メロディ系市場は1,300億円強
  図:着信メロディ/着うた市場規模の推移と予測(エムレポート推定)
  表:着信メロディ/着うた市場規模の推移と予測
 DCAj調査:2004年の着信メロディ系市場は1,000億円超
  表:携帯電話向け音楽配信サービス市場規模の推移と予測

3.携帯電話事業者の動向
 NTTドコモの動向
  7月にメロディコールが500万を突破
  表:メロディコールのユーザ数推移と経緯
  04年9月からメロディコールプレゼント機能を追加
  iTunes対応端末開発の検討を開始
  年内にFOMA向け音楽再生機能搭載端末2機種を投入
 KDDIの動向
  9月にEZ着うたフルのダウンロード数が2,000万曲を突破
  表:EZ着うたフルのダウンロード数推移と経緯
  表:EZ着うたフル開始時の対応サイトの概要
  表:EZ着うたとEZ着うたフルの仕様比較
  4月に着うたのダウンロード数が2億曲を突破
  表:EZ着うたのダウンロード数推移と経緯
  2月に呼出音を音楽や声に設定可能なサービスを開始
  04年11月にCDオンライン販売サイトを開設
 ボーダフォンの動向
  9月から着うた/着うたフル検索サービスを開始
  8月から着うたフルを開始

4.着信メロディ配信プロバイダの国内動向
 着うた独禁法違反審判事件は静かに進行中
 10月に着うたのクラシック音楽を拡充した東芝EMI
 8月にボーダフォン向けサイトを開設したハドソン
 7月に着うた配信サイトを開設したレーベルモバイル
 6月に会員制有料音楽配信サービスを開始したエイベックス
 着うた配信に苦労するドワンゴ
 2月からKDDI向けに音楽認識サービスを開始したMTVジャパン
 1月にボーダフォン向け着うた配信を開始した日本エンター
 NTTレゾナントの動向
  04年12月に曲や歌手名検索サービスを開始
  04年10月に端末で楽曲検索サービスの実証実験を実施
 メディアシークの動向
  04年12月に着うたなどのフリー・ペーパーを発行
  04年9月にクレフ音楽出版と着うたに関する包括契約を締結
 有線ブロードネットワークスの動向
  04年12月にiモード向けコンテンツ配信サイトを開設
  04年9月にKlabの筆頭株主へ
  表:異動前後におけるKlabの株式所有数
 04年11月にボーダフォン向けにサイトを開設したヤマハ
 04年11月に音楽情報サイトを開設したタワーレコードなど
 04年11月から着うた配信権販売を開始したディズニー
 04年11月に鼻歌による曲検索サービスを開始したスウィング
 04年10月に音楽情報配信サービス会社を設立したフェイスなど
 インデックスの動向
  04年9月に共鳴を利用した着信メロディの配信を開始
  04年9月からモールス信号の着信メロディを配信開始
 04年9月にNTTデータ三洋システムと協業したフォーサイド
 04年9月に初の楽曲丸ごと配信を開始したオムロンエンタなど
 04年9月にボーダフォン向けにも配信を拡大させたコナミ
 04年9月にコンテンツ事業で提携した東映ビデオとSET
 04年7月から楽曲検索サービスを開始したMTVジャパン

5.着信メロディ配信プロバイダの海外動向
 2月から豪Telstra向けに着信メロディ配信を開始したBIGLOBE
 04年12月に米Improvistaへ追加投資を行ったインフォコム
 04年11月に豪Telstra向けに着信メロディ配信を開始したヤマハ
 タイトーの動向
  04年11月からボーダフォン向けに洋楽着うたの提供を開始
  04年10月にKDDIとボーダフォン向けにゲーム音楽を追加配信
 04年10月に提携したACCESSとシーエー・モバイル
 04年10月にTV番組連動の着うた配信サイトを開設したムーハ
 フォーサイド・ドット・コムの動向
  04年9月に仏MobiVillageの子会社化に合意
  表:仏MobiVillageの会社概要
  2004年9月にノルウェーTelitasを子会社化
  表:Telitasの会社概要
 04年9月に米Verizon Wireless向けサイトを開設したハドソン
 04年9月から中国でコンテンツ提供を開始したエイベックス
 04年8月に仏123MMを子会社化したインデックス

6.関連リンク
  表:関連リンク1(五十音順)
  表:関連リンク2(五十音順)


■■ 概要 ■■

【詳細】
商 品 名:「着信メロディ市場の動向と今後の展望(3)」
発 刊 日:2005年10月18日
判  型:A4版25頁〔PDF資料〕
発  行:エムレポート
販  売:ネットアンドセキュリティ総研株式会社
頒  価:15,750円(税抜15,000円+消費税750円)

詳細URL: (リンク »)


【お申し込み方法】
上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらよりお申し
込みいただく形となります。


■■ ネットアンドセキュリティ総研株式会社 ■■

・設  立:1996年10月
・資 本 金:151,450,000円(2003年11月20日現在)
・代 表 者:代表取締役 原 隆志
・事業内容:インターネットビジネスの総合シンクタンク
・取扱商品:・企業様のweb、メールマガジンのコンテンツ企画、制作、運
       用、顧客対応業務の代行
      ・セキュリティ製品レビュー、ウイルス情報、セキュリティホ
       ール情報、インシデント情報など幅広くセキュリティ情報を
       提供
      ・情報通信市場、ネットビジネスに特化した独自調査の企画、
       受託、調査資料の制作・販売
      ・インターネットリサーチの実施および事業立ち上げ支援
       サービスなど
・U R L: (リンク »)
・連 絡 先:〒106-6138
      東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー38F
      株式会社ライブドア内
      TEL:03-5770-4417 / FAX:03-5770-4419
      info@ns-research.co.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■

〒106-6138
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー38階
ネットアンドセキュリティ総研株式会社
株式会社ライブドア内
TEL: 03-5770-4418 / FAX: 03-5770-4419
担当:安田
info@shop.ns-research.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の関連情報

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR