「国内・海外旅行サイト比較調査2005」の割引販売を開始

~利用者の増加とともに各旅行サイトのサービスは多様化!現在ある旅行サイトの比較はもちろん、利用者像まで徹底分析~

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 2006年02月27日

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるネットアンドセキュリティ総研株式会社は、旅行サイトに対するアンケート調査でサイトへの意識と利用動向をまとめた資料「国内・海外旅行サイト比較調査2005」の割引き販売を開始しました。 2月も半ばをすぎ、来年度の事業計画や予算計画の策定に取り組む動きも活発です。精度の高い計画の策定を行うには、市場のトレンドを正確に把握することが重要です。

報道関係者各位

平成18年2月27日
ネットアンドセキュリティ総研株式会社
(リンク »)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【期間限定!3割引販売実施中!】
ネットアンドセキュリティ総研、
   「国内・海外旅行サイト比較調査2005」の割引販売を開始
~利用者の増加とともに各旅行サイトのサービスは多様化!
    現在ある旅行サイトの比較はもちろん、利用者像まで徹底分析~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるネットアンドセキュリティ総研株式会社(代表取締役 原 隆志 東京都港区)は、旅行を行う際に利用するサイトの利用者に対するアンケート調査でサイトへの意識と利用動向をまとめた資料「国内・海外旅行サイト比較調査2005」の割引き販売を開始しました。

2月も半ばをすぎ、来年度の事業計画や予算計画の策定に取り組む動きも活発です。精度の高い計画の策定を行うには、市場のトレンドを正確に把握することが重要です。割引キャンペーンは2006年3月末まで30%OFFとなっています。
是非、お早めにお申し込み下さい。

詳細URL: (リンク »)


■■ 商品概要 ■■

◆今年で2回目となる旅行サイト利用者像分析と各旅行サイトの徹底比較

ネットアンドセキュリティ総研では、昨年に引き続き、2回目の調査を実施し、旅行サイト利用実態 及び サイト比較の結果を「国内・海外サイト比較調査 2005」にとりまとめました。

旅行サイト利用者への調査から利用状況と各サイトに対する評価を分析し、旅行サイトの今が鮮明に分かる調査資料になっています。

今回の調査では、女性インターネットユーザー約2,300名に対して事前調査を実施し、その結果を踏まえて調査対象サイトを更新しました。

◆利用者へのアンケート調査でサイトへの意識と利用実態を多角的に分析
 全体評価ランキングと個別評価を掲載

インターネット上で旅行に関する情報や予約決済までを行うことができる「旅行サイト」。国内・海外の旅行サイトは利用者の増加とともに各サイトのサービスも多様化しています。

旅行サイトの代表的な総合サイトには「楽天トラベル」、「Yahoo!トラベル」、「じゃらんnet」などがあり、顧客獲得にしのぎを削っています。このほか、航空券予約関連のサイトでは「ANA」、「JAL」、「JTB」などの航空会社関連サイトがサービスの提供を拡大させています。

本資料では過去1年間の海外旅行経験者かつ海外旅行サイトの利用経験者に対し、海外旅行関連の主要24サイトについて、利用者意識調査を実施しました。総合満足度、認知率、利用度、定期訪問率、など様々な指標で各サイトをランキング化。その利用目的や予約・決済動向など利用動向を分析しました。


■■ 調査結果一部 ■■

◆旅行関連サイトの総合評価

本調査において、旅行関連サイトへのアクセス状況とユーザーの定性評価を合わせて算出した総合評価の上位5位の結果は次に示すとおりである。
第1位:楽天トラベル     689.7ポイント
第2位:Yahoo!トラベル(ヤフー) 646.6ポイント
第3位:じゃらんnet(リクルート) 628.8ポイント
第4位:JTB     613.1ポイント
第5位:H.I.S.(エイチ・アイ・エス) 540.4ポイント
上位2位は大手ポータル系サイトのメニューから発展したサイトであり、Webサイトユーザーのアクセス行動が、ポータルサイトに大きく依存していることが覗える。また、第3位のじゃらんnetは雑誌媒体との連携サイトで、既存雑誌メディアのブランドがWebサイトに反映された形となった。第4位のJTBは、既存の大手旅行代理店のWebサイト中ではトップであるが、ポータル系(楽天トラベル・Yahoo!トラベル)・雑誌系(じゃらんnet)サイトの後塵を拝する形となった。

◆情報提供媒体としては、ホームページに次いで店頭パンフレットが効果的

旅行・出張情報の収集手段について尋ねたところ、「ホームページ(79.6%)」に次いで「店頭パンフレット(54.7%)」が大きな値を示し、「新聞広告(20.5%)」「ラジオ・テレビ番組(18.7%)」「記事や広告(35.1%)」等のマスコミ系の情報発信や、「店頭で聞く(20.4%)」「知人に聞く(26.3%)」等の人的コミュニケーション系よりも、オーソドックスな店頭パンフレットが最もユーザーから頼られているという結果となった。また、年齢層別の集計結果を見ると、30~39歳層における「店頭パンフレット(37.6%)」「ホームページ(38.5%)」の比率は、同選択肢の30歳未満層の約2倍となっており、この2つの媒体の主顧客層が30歳台であることが見て取れる。


■■ 調査について ■■

【主な調査項目】
本調査は、国内・海外旅行関連サイト利用者と非利用者をスクリーニングし、それぞれの層の意向を明らかにすると共に、両者の比較も行っています。

1.サイト利用者
・最利用サイトの選択とその理由
・サイト利用上の重視項目
・サイト利用者が感じる不満点と求める改善点
・サイトに求めるサービス・コンテンツ
・各サイトの歩留まり状況
・各サイトの総合評価
など

2.サイト非利用者
・情報収集手段としてサイトを利用しない理由
・予約・決済手段としてサイトを利用しない理由
など

3.サイト利用者⇔非利用者の比較
・利用している情報収集手段の差異
・各層のプロファイルの差異

【調査対象サイト】(24サイト)

・eトラベル(ジャルパック)
・H.I.S.(エイチ・アイ・エス)
・JRおでかけネット e-お宿(JR西日本)
・JTB
・Tourist Village (近畿日本ツーリスト)
・Yahoo!トラベル(ヤフー)
・アルキカタ・ドットコム
・エイビーロードネット(リクルート)
・えきねっと(JR東日本)
・オズモール(スターツ出版)
・クラブツーリズム
・じゃらんnet(リクルート)
・たびてネット(ぐるなび)
・ベストリザーブ
・一休.com
・楽天トラベル
・国内線ドットコム
・阪急交通社
・宿ぷらざ(日本旅行)
・日本旅行
・ラストミニットドットコム
・イーツアー
・SKYGATE(スカイゲート)
・BON VOYAGE(東急観光)

【調査実施要項】

2005年8月31日から9月5日までの6日間、ネットアンドセキュリティ総研株式会社保有のモニターの中から、過去年3以内の国内・海外旅行経験者で旅行サイトの利用経験者1,140名(男性559名 女性550名 不明31名)に対し、アンケート調査をインターネット上で実施した。

なお、調査対象サイト(24サイト)の選定は、インターネットユーザー2,295名に対し、2005年8月17日から8月18日にかけて「名前を聞いたことがある旅行関連サイト」を事前調査した結果に基づき、選定した。


■■ 資料概要 ■■

資 料 名:国内・海外旅行サイト比較調査2005
発 刊 日:2005年10月
発   行:ネットアンドセキュリティ総研株式会社
販   売:ネットアンドセキュリティ総研株式会社
判   型:A4版・224頁
頒   価:30%OFFキャンペーン実施中
・印刷タイプ(報告書)
 68,250円 (税抜65,000円+消費税3,250円)別途税込送料 500円
→47,775円 (税抜45,500円+消費税2,275円)別途税込送料 500円

・CD-Rタイプ(報告書)
 99,225円 (税抜94,500円+消費税4,725円)別途税込送料 500円
→69,458円 (税抜66,150円+消費税3,308円)別途税込送料 500円

・印刷タイプ(報告書)+CD-Rタイプ(報告書&ローデータ)2枚組
 155,400円(税抜148,000円+消費税7,400円)別途税込送料 500円
→108,780円(税抜103,600円+消費税5,180円)別途税込送料 500円

【詳細URL: (リンク ») 】

【お申し込み方法】
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を明記の上お申し込み下さい。
また、上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフォームでのお申し込みも可能となっております。


■■ ネットアンドセキュリティ総研株式会社 ■■

・設  立:1996年10月
・資 本 金:151,450,000円(2003年11月20日現在)
・代 表 者:代表取締役 原 隆志
・事業内容:インターネットビジネスの総合シンクタンク
・取扱商品:・企業様のweb、メールマガジンのコンテンツ企画、制作、運
       用、顧客対応業務の代行
      ・セキュリティ製品レビュー、ウイルス情報、セキュリティホ
       ール情報、インシデント情報など幅広くセキュリティ情報を
       提供
      ・情報通信市場、ネットビジネスに特化した独自調査の企画、
       受託、調査資料の制作・販売
      ・インターネットリサーチの実施および事業立ち上げ支援
       サービスなど
・U R L: (リンク »)
・連 絡 先:〒106-6138
      東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー38F
      株式会社ライブドア内
      TEL:03-5770-4417 / FAX:03-5770-4419
      info@ns-research.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■

〒106-6138
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー38階
ネットアンドセキュリティ総研株式会社
株式会社ライブドア内
TEL: 03-5770-4418 / FAX: 03-5770-4419
担当:安田
info@shop.ns-research.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の関連情報

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!