IP電話システムの導入に最適  より小型化を実現したデスクサイドタイプの 給電機能付ノンインテリジェント・スイッチングハブを新発売

パナソニック電工ネットワークス株式会社 2005年02月04日

松下電工株式会社の100%出資連結会社、松下ネットワークオペレーションズ株式会社(本社:東京都港区 社長:鈴江啓宏)はIP電話環境や防犯ネットワークカメラの構築に最適な給電機能のついたノンインテリジェント・スイッチングハブ(注1)を2005年2月1日より発売します。

・商品名:Switch-S12PWR
・品番:MN22129
・希望小売価格(税込):102,900円
・発売日:2005年2月1日
・販売目標:2億円/年(初年度)

■主な特長
(1)より小型化を実現したデスクサイドにマグネットで設置可能な12ポートタイプ
(2)10/100BASE-T×11ポートに電源供給が可能
(3)音声通信のための優先制御が可能なQoS機能(注2)を標準装備
(4)環境に配慮した鉛フリー対策商品

■背景
 オフィスを中心に急速に導入が進んでいるIP電話では従来の電話機とは違い、LAN配線を通じて電源を供給できるスイッチングハブのニーズが高まっています。弊社では2004年3月に12ポートタイプ(Switch-M12PWR)を、同年4月に24ポートタイプ(Switch-M24PWR)の給電機能付インテリジェント・スイッチングハブを発売していますが、今回、より小型化、省スペース化を実現した給電機能付ノンインテリジェント・スイッチングハブ(PoEスイッチ(注3))を発売します。
 このPoEスイッチを使うことにより、IP電話システムの導入の際、各机で面倒な電源アダプタが不要になり、机周りがスッキリし、さらにQoS機能を標準装備していますので、IP電話の音声データを優先して送信する事が可能です。
 また、2001年5月に国が率先して環境配慮型製品を購入することで、市場全体を環境配慮型へと誘導していくことを目的としたグリーン購入法が施行され、企業として環境に配慮した商品をお客様に提供し、環境負荷を低減することが大きな使命となっていますが、この商品は、有害物質の1つである鉛の含有率を従来商品に比べ約98%削減した環境に優しい商品です。

■特長 
(1)より小型化、省スペース化を実現し、デスクサイドにマグネットで設置可能
Switch-S12PWRは幅220mm、高さ150mmと、同じ12ポートタイプで現在発売中の
Switch-M12PWRに比べ、約50%(体積比)の小型化を実現しました。
また、マグネットを標準装備していますので、オフィスで島タイプのレイアウトになってい
る場合にデスクサイドに設置するのに最適です。
特に島タイプのレイアウトで電話やパソコンなどを接続する場合に8ポートではポート数
が不足する場合がありますので、10/100Mbpsのポートを12ポート装備しました。

(2)10/100BASE-T×11ポートに電源供給が可能
電源供給の標準規格であるIEEE802.3afに対応しており、12ポートある
10/100 BASE-Tのうち1~11ポートに最大15.4Wの電源供給が可能です。またスイッチ全体では最大55Wまで供給することが可能です。
これにより、例えばIEEE802.3afに対応したIP電話機へ情報系のケーブルを通じて給電
できますので、各机で面倒な電源アダプタが不要になり、机周りがスッキリします。
  
(3)音声通信のための優先制御が可能なQoS機能を標準装備
IEEE802.1pの規格に対応しており、ネットワーク上で音声通信のための優先制御ができるQoS機能を標準装備しています。

(4)環境に配慮した鉛フリー対策商品
Switch-S12PWRは、重金属(鉛、水銀、カドミウム、六価クロム)、臭化物難燃剤(pbb,pbde)の6有害物のうち、鉛以外は使用せず、鉛に関しては製造工程の半田手法の改善及び使用部品の選定により、従来商品に比べ約98%の削減を達成しました。
なお、2006年3月までには鉛の含有率0%の完全対応を予定しています。

■商品仕様
・ポート:10/100BASE-TX×12ポート
     (給電可能は1~11ポート)
・動作環境温度:0℃~40℃
・動作環境湿度:20%~80%
・消費電力:最大90W
・電源・定格:AC 100V 50/60Hz自動切替
・外形寸法(単位㎜):幅220×奥行50×高さ150
・質量(重量):約1,200g

■松下ネットワークオペレーションズ株式会社 会社概要
・所 在 地 :東京都港区芝4-8-2 松下電工東京田町ビル
・会社設立 :1989年12月1日
・資 本 金 :1億円
・従業員数 :85名
・年間売上高(連結):75億円(2004年度実績)
・事業内容 :
  ネットワークシステム設計/構築/保守
  ネットワーク解析/診断サービス
  ネットワーク機器(MNOオリジナル機器)インテグレーション/検証サービス
  統合情報配線システム等ワイヤリングシステム設計/インテグレーション
  ネットワークセキュリティシステム設計/構築/保守
  設備セキュリティ機器インテグレーション
  サービスインテグレーション
  各種サーバ設計/構築/保守

以上

用語解説

(注1)ノンインテリジェント・スイッチングハブ
   ネットワークに接続された通信機器をネットワーク経由で監視・制御
   するためのプロトコル(SNMP等)に対応していないスイッチングハブ
(注2)QoS機能
   Quality of Serviceの略。
   通信の目的に応じて最適な帯域割り当てを行なうことです。
   それぞれの通信に求められるレスポンスタイムやスループットを
   確保します。当社のレイヤ2スイッチにおけるQoS機能は
   パケット優先順位制御に関する規格であるIEEE802.3pプライオリ
   ティビットに基いて通信の優先制御を行います。
(注3)PoEスイッチ
   Power over Ethernetスイッチの略称。給電機能付スイッチを指す略称の1つです。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

パナソニック電工ネットワークス株式会社の関連情報

パナソニック電工ネットワークス株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR