中国最大手銀行がTurbolinux OSを採用

中国金融業界における最大規模のリナックス導入事例

TLホールディングス株式会社 2005年05月10日

ターボリナックス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:矢野広一、以下:ターボリナックス)は、中国最大かつ最も権威のある銀行「中国工商銀行」(Industrial Commercial Bank of China:ICBC)と契約を締結したことを発表いたしました。

本契約に基づき、ICBCはTurbolinux Server OSとエンタープライズソフトウェアの無制限ライセンスを購入、今後3年間で銀行業務システムに導入します。ICBCは中国内外に2万件以上の支店および関連会社を有しており、本プロジェクト完了時には約39万人の従業員がリナックスシステムを利用することになり、これは中国金融業界において最大規模のリナックス導入事例となります。また、契約には3年間のアップグレード保証、ターボリナックスによるウィルス対策、保守サービスが含まれています。

ICBCは、今回初めてリナックスを採用するに当たり、以下の厳しい基準により数社を比較、優れた性能と業績を誇るターボリナックスの採用を決定しました。
・システムの研究、開発、サービスに積極的かつ一貫して取り組んでいること
・広範な知識を持っており、技術力も証明できていること
・最高品質の製品とサービスを提供していること
・常に納期を厳守していること
・長期的かつ即座の技術サポートが、あらゆるレベルで可能であること

ターボリナックスは、アジアを拠点とする国際的なリナックスベンダーとして、中国で初めて中国語(簡体字および繁体字)をサポートしたリナックスを投入し、以来中国市場において圧倒的な支持を得ています。
2004年には、中国上海市静安区の電子政府プロジェクト、中国鉄道システム省の全国鉄道網システム、中国モバイルなどの大型案件を次々と獲得しています。また、IT専門の調査会社IDCが、中国リナックス市場に関する調査を2001年に開始して以来、サーバー市場におけるリナックスディストリビューションベンダー別出荷金額において、4年連続してトップシェアを獲得しています。

Turbolinux China Co., Ltd.のGeneral Managerであるクラウド・ゾォウは次のようにコメントしています。「安定性、安全性、柔軟性を兼ね備えた最高のシステムを提供することが、私たちのお客様の最も求めるものであり、銀行業界もその例外ではありません。金融業界は、良心的な価格と最高レベルの性能を兼ね備えるリナックスソリューションを提供するターボリナックスを注目し続けています。」

【中国工商銀行について】
中国工商銀行は、フォーチュン500社に挙げられる中国最大の金融機関であり、2003年12月現在の総資産は約5兆3,000億元で、これは中国全銀行の総資産の約5分の1に当たります。また、ICBCは中国最大の顧客数を誇り、その数は1億人の個人顧客ならびに810万件の法人顧客を持ちます。中国国内に2万件の代理店、国外に1,000件以上の関係会社を持つなど、国際的にも十分な実績があります。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR