SRA OSS、ISID、NRIなど、「オープンソースビジネス推進協議会」を設立

田中好伸(編集部) 2008年06月04日 16時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SRA OSS,Inc.日本支社、電通国際情報サービス(ISID)、野村総合研究所(NRI)の3社は6月4日、「オープンソースビジネス推進協議会」(OBCI)を設立したことを発表した。

 オープンソースソフトウェア(OSS)が世界的に普及しているが、OBCIでは、日本国内でもOSとしてLinuxの普及が進んでいる一方で、データベースやアプリケーションサーバなどのミドルウェア分野では普及が進んでいないと認識。そうした状況に対して、ユーザー企業にミドルウェアを中心にしたOSS活用に関連した情報を提供する。また、有償サポートサービスや教育サービスを提供する情報サービス企業への支援活動も行う。

 具体的には、OSS入門セミナーや企業個別に対して行うプライベートセミナー、ユーザー企業の情報システム部門にとって有益となる情報を提供するプレミアムセミナーを開催。また、OSSのサポートサービスベンダーやOSSのコミュニティーに対する相談も受け付ける。情報サービス企業向けには、技術動向や事例紹介依頼、勉強会などの依頼、具体的なプロジェクトに対する提案養成などを受け付けるOSS相談窓口を設ける。

 OBCIには、SRA OSS、ISID、NRIの3社が理事として参画するほか、オープンソースCRM(旧ケアブレインズ)、サン・マイクロシステムズ、ターボリナックス、日立システムアンドサービス、フライトシステムコンサルティングなどが正会員として参加している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?