先端技術研究所 米国Rainfinity社「RainWall 4.0」販売開始

Microsoft ISA Server 2004 Enterprise Editionをクラスタ化

有限会社先端技術研究所 2005年06月20日

先端技術研究所は、米国Rainfinity社製品「RainWall」の最新バージョン「RainWall 4.0」の販売を開始した。RainWallは、ネットワーク上の複数のノードをクラスタ化し、フェイル オーバや動的 ロード バランシング等の機能により、クラスタの ハイ アベイラビリティ(高可用性)や性能向上等を実現するソフトウェア製品で、RainWall 4.0は、Microsoft社のセキュリティ製品「ISA Server 2004 Enterprise Edition」(に対応した。

先端技術研究所
米国Rainfinity社「RainWall 4.0」販売開始
Microsoft ISA Server 2004 Enterprise Editionをクラスタ化

有限会社 先端技術研究所(Advanced Research of Technologies, Inc.、 (リンク ») 、本社: 横浜、電話: 045-978-1292、社長: 工藤 安信)は、米国Rainfinity(レインフィニティ)社製品「RainWall」(レインウォール)の最新バージョン「RainWall 4.0」の販売を開始した。RainWallは、ネットワーク上の複数のノードをクラスタ化し、フェイル オーバや動的 ロード バランシング等の機能により、クラスタの ハイ アベイラビリティ(高可用性)や性能向上等を実現するソフトウェア製品である。RainWall 4.0は、Microsoft(マイクロソフト)社のセキュリティ製品「ISA Server 2004 Enterprise Edition」(アイエスエー サーバ 2004 エンタープライズ エディション)に対応した。

インターネットの企業における利用は、急速な規模拡大を続けている。web利用アプリケーションが企業にとって実質的貯蓄ともいえる利益を生み出しながら、同時にインターネット攻撃の脅威が増大している。

ISA Server 2004の高度な アプリケーション セキュリティ機能は、RainWall 4.0と連動することにより、Exchange、Webサービス、ターミナル サーバ アクセス等の性能と有用性を強化することが可能となり、悪意のあるインターネット攻撃に対して、本社、営業所、子会社を含むユーザ全般を完全に保護できる。

RainWall 4.0は、ISA Server 2004が正常に動作しているかどうかを判断するための特別なルールを設定することが可能で、特定の アプリケーション サービスの状態を監視し、その障害時にはフェイルオーバを行う。また、RainWall 4.0は、ダウンタイム無しで セキュリティ アップデートを適用し、重要なセキュリティ問題に適時対応していくことを可能にする。

■ ISA (Internet Security and Acceleration) Server

Microsoft ISA Server 2004は、高度な アプリケーション レイヤのファイアウォール、VPN、Webキャッシュのソリューションである。ネットワーク セキュリティと性能を向上させることにより、既存のIT投資を最大限に活かすことを容易にする。Microsoftアプリケーションに対する高度なセキュリティにより、重要なビジネス資産を守り、最高の通信需要を維持する。さらに、コラボレーション、リモート アクセス、サーバ パブリッシング等の通常の利用のセキュリティを強化する。

■ RAIN(Reliable Array of Independent Nodes)

RAINは、インターネットのための最初の完全分散 ゲートウェイ クラスタリング ソリューションである。米国防先進研究計画庁(DARPA)の「既製品をベースに高信頼システムを作れないか」という要求に始まり、航空宇宙局(NASA)のジェット推進研究所(JPL)との契約に基づき、カリフォルニア工科大学(Caltech)主導の研究から生まれた新しい汎用ソフトウェア製品である。RAINは、ノードのどれかが障害に陥った場合でも可能なノード間にまたがるデータ記憶領域と検索、複数ノード間冗長ネットワーク内コミュニケーション、ノードが障害に陥った場合でも透過的回復可能なコンピューティングの3つのコンポネントを含んでいる。

■ RainWall

RainWallは、RAINをベースにネットワーク上の複数ノードをクラスタ化し、フェイル オーバや ロード バランシング等の機能により ハイ アベイラビリティ(高可用性)や性能向上等を実現するソフトウェア製品で、ファイアウォールや コンテント セキュリティに対応している。従来のシングルMACアドレス方式で指摘されてきた問題点を解決する「シングル/マルチ仮想IPアドレス」という新しい方式を採用している。
(リンク »)

ISAserver.org参照

(リンク »)

■ Rainfinity社

Rainfinity社は、カルフォルニア工科大学の科学者チームにより設立され、本社を米国カリフォルニア州 サンノゼ に置く。インターネット信頼性ソフトウェア製品の開発および販売を行っている。

■ 先端技術研究所 (リンク »)

先端技術研究所は、本社を横浜に置き、情報技術(IT)分野における日本を代表する先端技術ハンターである。高度な問題解決力、基礎から応用までの豊富な技術力、長年の業界経験と事業実績、米国、ヨーロッパ、イスラエル等との幅広い人脈、強力な国内販売チャネルを差別化として、海外のソフトウェア製品の日本市場への輸入販売等、多方面の事業を行っている。
045-978-1292、KHB16427@nifty.ne.jp

このプレスリリースの付帯情報

RainWall for Microsoft ISA Server

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

有限会社先端技術研究所の関連情報

有限会社先端技術研究所

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR