Acunetix WVS バージョン6.0 販売開始

Webアプリケーション脆弱性スキャナ低価格ソフトウェア 革新的AcuSensor技術で新標準を確立

有限会社先端技術研究所 2008年11月12日

先端技術研究所は、マルタ国AcunetixのWVSの新バージョン「WVS バージョン6.0」の販売を開始した。WVSは、Webアプリケーションの脆弱性を監査するスキャナの低価格ソフトウェアで、WVS バージョン6.0では、革新的AcuSensor(アクセンサー)技術により、Webアプリケーション脆弱性スキャナの新標準を確立した。AcuSensor技術は、Webアプリケーションの ソース コード内に戦略的に置かれるセンサーからなり、スキャン中にアプリケーションがどのように入力を処理するかの情報をWVSに送信する。この革新的技術は、従来の ブラック ボックス型スキャナに比べて、より多くの脆弱性の識別を可能とし、誤検出を減らしより正確な結果を導き出すと共に、脆弱性検査のためのより多くのツール、技術データ、オプションを提供する。

Press Release: 2008-11-12


先端技術研究所
Acunetix WVS バージョン6.0 販売開始
Webアプリケーション脆弱性スキャナ低価格ソフトウェア
革新的AcuSensor技術で新標準を確立

有限会社 先端技術研究所(Advanced Research of Technologies, Inc.、 (リンク ») 、本社: 横浜、電話: 045-978-1292、社長: 工藤 安信)は、マルタ国Acunetix(アクネティクス)のWVS(Web Vulnerability Scanner、ウェブ バルネラビリティ スキャナ)の新バージョン「WVS バージョン6.0」の販売を開始した。WVSは、Webアプリケーションの脆弱性を監査するスキャナの低価格ソフトウェアで、WebサイトをスキャンすることでWeb攻撃の脆弱性を検出し、その解決方法を提示する。WVS バージョン6.0では、革新的AcuSensor(アクセンサー)技術により、Webアプリケーション脆弱性スキャナの新標準を確立した。

AcuSensor技術は、Acunetix開発チームの発案物で、Webアプリケーションの ソース コード内に戦略的に置かれるセンサーからなり、スキャン中にアプリケーションがどのように入力を処理するかの情報をWVSに送信する。この革新的技術は、従来の ブラック ボックス型スキャナに比べて、より多くの脆弱性の識別を可能とし、誤検出を減らしより正確な結果を導き出すと共に、脆弱性検査のためのより多くのツール、技術データ、オプションを提供する。

WVS バージョン6.0 の主な新機能は、

- アプリケーション センサー: 新しいセキュリティ技術である。より少ない誤検出で、従来型スキャナに比べてより多くの脆弱性を識別できる。コードの中のどこに脆弱性があるかを正確に表示できる。この強化された正確さは、ブラック ボックス型スキャン技術に加えて ソース コード実行時の動的コード分析を一体化することより実現された。

- 脆弱性詳細レポート: ソース コードのライン番号、呼び出しスタック、罹患したSQLクエリ等、脆弱性に関するより多くの情報提供機能により、脆弱性の場所表示と結果としてのより早い修正が可能になった。

- 誤検出の削減: スキャナがWebアプリケーションの動きを内部的により把握できるため、誤検出の数が著しく低減した。

- ポート スキャンと ネットワーク セキュリティ検査: スキャン対象Webサイトが動作しているWebサーバに対して ポート スキャンを実行し、開いたポートが見つかると、そのポートで動作しているサービスに対して、DNS オープン リカージョン、不当に設定された プロクシ サーバ、脆弱なSNMP コミュニティ ストリング等、多くの脆弱性検査を含んだ複雑な ネットワーク レベルのセキュリティ検査を行う。

- ブラインドSQLインジェクション ツール: SQLインジェクションが検出された時に遠隔データベースから情報を抽出する機能を持っており、データベースやテーブルを列挙し、データをダンプし、ファイル システムのファイルを読み込み、カスタムSQLセレクト クエリィを走らせる。

- NTLM V2認証: NTLM V2認証を使っているサイトのスキャンが可能になった。

- アップグレード設定の保持: 旧Buildからのアップグレード時の データベース コンバータが不要になり、アップグレード時にWVSが以前の構成や設定を保存することを求めることが無くなった。

先端技術研究所では、メーカ、流通、システム インテグレータ、セキュリティ コンサルタント等を経由して販売を行う。

■ WVS(Web Vulnerability Scanner) (リンク »)

■ Acunetix Ltd. (リンク »)

Acunetix社は、2004年に設立され、ヨーロッパのマルタ共和国に本社、英国と米国に支社を置いている。旗艦製品の「Web Vulnerability Scanner」は、豊富な経験をもつセキュリティ開発者チームによる数年にわたる開発の結果として生み出された。CEOの Nick Galea(ニック ガレア)は、既に世界的な企業に成長したGFI社の創立者でもある。

■ 先端技術研究所 (リンク »)

先端技術研究所は、本社を横浜に置き、情報技術(IT)分野における日本を代表する先端技術ハンターである。高度な問題解決力、基礎から応用までの豊富な技術力、長年の業界経験と事業実績、米国、ヨーロッパ、イスラエル等との幅広い人脈、強力な国内販売チャネルを差別化として、海外のソフトウェア製品の日本市場への輸入販売等、多方面の事業を行っている。
045-978-1292、KHB16427@nifty.ne.jp

このプレスリリースの付帯情報

AcuSensor

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

有限会社先端技術研究所の関連情報

有限会社先端技術研究所

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!