シンクライアントのパイオニア(株)ミントウェーブが、組込OSを搭載したボックス型ファンレス・ディスクレスPCを開発・販売開始

(株)ミントウェーブが、組込OSを搭載したボックス型ファンレス・ディスクレスPCを開発・販売開始

株式会社ミントウェーブ 2005年07月01日

シンクライアントのパイオニア(株)ミントウェーブが、組込OSを搭載したボックス型ファンレス・ディスクレスPC「MiNT-ACC BX-80」を開発・販売開始

株式会社ミントウェーブ(本社:東京都千代田区、社長:中澤 伸矢、以下ミントウェーブ)は、シンクライアントの製造技術を応用し、フラッシュディスクに組込OSを搭載した、ボックス型ファンレス・ディスクレスPC 「MiNT-ACC BX-80」を開発しました。

発売開始は2005年7月を予定しており、従来のシンクライアント市場に加え、FA分野や流通業、生産管理分野にターゲットを拡大し、初年度3,000台の販売をめざします。
価格はオープン価格。

■MiNT-ACC BX-80の特徴

1)ファンレス・ディスクレスを実現
   シンクライアントのディスクレス技術と熱設計技術により、ファンレス・
   ディスクレスを実現。

2)フラッシュディスクに組込OSを搭載
   HDDの代わりにDOM(Drive On Module)を搭載し、XP Embeddedや組込Linux
   を搭載した、ディスクレスシステムの構築が可能。

3)省電力・高速CPU搭載
   VIA Antaur-800MHz+CLE266を搭載。

4)高性能WBTとして
   Microsoftのターミナルサービス、CitrixのPresentation Serverに対応。

5)安心した品質と技術サポート
   長年培ってきたシンクライアントの製造技術をベースに、国内で自社開発・
   製造・販売。

-------------------------------------------------
【このリリースに関するお問い合わせ・取材受付先】

株式会社ミントウェーブ URL: (リンク »)
〒101-0065 東京都千代田区西神田2-5-2 TASビル4F
TEL:(03)3288-0971 FAX:(03)3288-0973
E-mail:sales@mintwave.co.jp
営業部営業グループ

-------------------------------------------------

用語解説

ディスクレスPCとは、ハードディスクを搭載せず、フラッシュディスク等に組込OSを搭載し、端末側には重要なデータを一切持たない、セキョリティに優れたネットワーク端末として、また、ユーザソフトを組込んだ、XP Embeddedや組込Linuxを搭載した、ディスクレスシステムの構築が可能です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ミントウェーブの関連情報

株式会社ミントウェーブ

株式会社ミントウェーブの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR