ミントウェーブ、B5ノートのシンクライアントを出荷--Linuxベースの専用OS搭載

CNET Japan Staff 2006年11月18日 02時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミントウェーブは11月16日、本体重量約980gで、Linuxベースのシンクライアント専用OS「Basilware(バジルウェア)」を搭載したモバイル用B5ノートサイズのシンクライアント端末「Basilnote-UL」の出荷を同日から開始すると発表した。価格はオープン。初年度1万台の販売を目指す。

 本体ハードウェアは、NEC製の「VersaPro UltraLite」をカスタマイズ(ハードディスクの代わりにコンパクトフラッシュを搭載)したもの。マイクロソフトのターミナルサービス、シトリックス・システムズの「Citrix Presentation Server」、GraphOnの「GO-Global」環境で使用できる。

 同機は、PXEやNFSを利用したネットワークブートに対応している。端末の機能追加は、ブートサーバ上のファイルの更新だけでいい。これにより、アップデートにかかる管理コストを削減できる。

 また、ミントウェーブのリモート管理ツール「MiNT View」に対応している。MiNT Viewで管理することで、センター側からリモートで端末の電源制御、設定初期化、ファームウェアのアップグレードなどを一斉に実行できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから