ミントウェーブ、シンクライアント端末を発表--Linuxベースの独自OS搭載

CNET Japan Staff

2006-06-26 20:40

 ミントウェーブは6月26日、独自開発のLinuxベースの専用OS「Basil(バジル)」を搭載したシンクライアント端末「MiNT-ACC Lite-50U」を発表した。

 MiNT-ACCLite-50Uは、ハードウェア/ソフトウェアがどちらもミントウェーブの独自設計で、国内の同社工場で生産されているという。シトリックス・システムズ製の「Citrix Presentation Server」および米国のGraphOn製「GO-GlobalR」に対応する。

 CPUはAMD Geode LX 800、メインメモリは128Mバイト、ハーフピッチ36ピンコネクタと2つのUSB2.0ポートを備え、ネットワークは100BASE-TX/10BASE-T。本体のみの重量は約900g。3年間のセンドバック保証がつく。

 価格はオープン。8月25日に出荷を開始する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]