編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ミントウェーブ、Linuxベースのシンクライアント専用OS Basil搭載端末

WebBCN (BCN)

2006-03-17 11:26

 ミントウェーブ(中澤伸矢社長)は、Linuxベースのシンクライアント専用O S Basil(バジル)を開発、Basil搭載端末「MiNT-ACC mini-30U」を3月15日に 発売した。価格はオープン。

 現在販売中の「mini-30C」のハードウェアにBasil OSを搭載したモデルで、 シトリックス・システムズ社のCitrix Presentation ServerとGraphOn社のGO −GlobalRに対応する。CPUはAMDのGeode GX、メインメモリ128MBとフラッシュ メモリ32MBを搭載した。本体サイズは幅57×高さ210×奥行き160mm、重さは0. 84kg。無線LAN、タッチパネル、ネットワークブートに対応し、IEEE 802.1xプ ロトコルとRADIUSサーバーによる認証機能をサポートする。

 製造・流通・サービスなどの民間企業、自治体官公庁、病院、図書館、文教 をターゲットに初年度2万台の販売を目指す。またBasil OS単体も、シンクラ イアントベンダーなどへの提供を開始した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]