オートメーション・エニウェア、「AI + Automation Enterprise System」発表--AIと自動化を連携

河部恭紀 (編集部)

2024-07-11 13:29

 オートメーションソリューションを提供するAutomation Anywhereの日本法人オートメーション・エニウェア・ジャパンは7月10日、AIと自動化を連携させた新しい「AI + Automation Enterprise System」を発表した。

 同システムは、自動化のプラットフォームとして企業全体の自動化を支援する「Automation System」、顧客のデータに基づいたダイナミックな意思決定を可能にする「AI System」、顧客の財務やサプライチェーンといったユースケースに対して「Automation Co-Pilot」によって市場投入までの時間を削減する「AI Solutions」の3レイヤーで構成される。

画像1

 今回300以上の新機能が搭載され、顧客やパートナーからの100を超える要望が反映されているとオートメーション・エニウェア・ジャパンでカントリーマネージャーを務める由井希佳氏は説明する。

由井希佳氏
由井希佳氏

 AI Systemの機能強化の一つである「GenAI Process Models 2.0」は、AI + Automation Enterprise Systemの基盤となるエンジンで、Automation Anywhere独自の生成AIプロセスモデル。各モデルは、同社のクラウドネイティブプラットフォーム上で稼働する3億を超えるプロセス自動化から得られた豊富なメタデータを利用して調整されている。

 GenAI Process Models 2.0に組み込まれ、一般提供が開始された「AI Agent Studio」は、AIエージェントの構築、管理、統制を可能にするローコードツール。AIエージェントは、コグニティブAIという頭脳と自動化という体を持つ特定業務の専門家として、顧客のデータから学習して適切な判断をし、業務の自動化のアクションを実行する。

画像2

 AI Agent Studioは、誰でも簡単にAIエージェントを構築して、自動化によって生成AIを仕事に活用することを可能にするため、開発者に向けて豊富な機能を提供する。開発者は任意の基盤モデルからスタートすることができ、これには「Amazon Web Services(AWS)」「Google Cloud」「Microsoft Azure OpenAI Service」などが含まれる。10月には、検索拡張生成(RAG)のネイティブサービスと「Amazon Bedrock」を通して、企業の知識をAIエージェントで拡張することができる予定。

 セキュリティとガバナンスが強化され、AIエージェントに組み込み制御が搭載されており、AIや会社データの利用状況を保護および監視し、セキュリティとコンプライアンスを確保することができる。新機能には、エージェントとモデルのパフォーマンスの監視と監査、一貫的な使用を実現するガードレール、人による確認とプロンプトテストによるハルシネーションの抑制と出力品質の最大化などが含まれる。モデルで処理される全ての入力から得られた機密データは、フューチャーデータマスキングにより自動的に再編集されるという。また、重要なビジネスプロセスのステータスをリアルタイムで追跡できるよう「Process Composer」も強化された。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]