編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

シンクライアントで情報漏えい防止--日本HPの新ソリューション

藤本京子(編集部)

2005-01-18 16:36

 日本ヒューレット・パッカード(HP)とミントウェーブは18日、モバイル環境でのデータ持ち出しを防ぐセキュリティソリューションを共同で提供開始すると発表した。ミントウェーブは、シンクライアント事業を手がける企業。今回のソリューションで同社は、HPのノートPCをシンクライアント化して提供、HPはコンサルティングから導入、保守サポートまでを行う。

 同ソリューションには、シトリックスのMetaFrameが応用されている。これにより、ユーザーはファイルやアプリケーションを個々のPCにダウンロードすることなく、サーバ上のアプリケーションを使って必要なデータにアクセスすることができる。クライアント側にはデータを保管する環境がなく、印刷や記録媒体への書き込みも制御されているため、企業内部からの情報漏えいを阻止することができるという。ノートPCに搭載されるOSは、Windows XP Embeddedとなる。

日本HP エンタープライズストレージ・サーバ統括本部 インダストリスタンダードサーバ製品本部 プロダクトマーケティング部 池亀正和氏

 日本HP エンタープライズストレージ・サーバ統括本部 インダストリスタンダードサーバ製品本部 プロダクトマーケティング部の池亀正和氏は、重要なデータなどをメールに添付して配信することが日常的に行われている点を指摘し、添付されたデータがコピーされたり持ち出されたりする危険性が排除できないと述べる。シンクライアントとMetaFrameをセキュリティツールとして利用することで、「メールへのデータ添付の代わりにファイルサーバ上のURLを送付し、受信者はサーバ上にあるデータをクライアント上にダウンロードすることなく閲覧できる」と池亀氏。ユーザーごとにデータの閲覧権限が与えられており、権限のないユーザーがデータにアクセスすることを防ぐことができるほか、閲覧権限が与えられていても、文書保存、コピー/ペースト、印刷など、機能別に制限をかけることもできるという。「PCの画面をそのままカメラで撮影されてしまうとどうしようもないが、このソリューションを利用すればPC上の操作によるデータの持ち出しに制限をかけることができる」(池亀氏)

 また、このソリューションでは、ネットワークも含めたMetaFrameの導入プランも提供している。MetaFrameを社内ファイアウォールのように位置づけ、すべてのシステムの接続をMetaFrame経由で行う構成に切り換えることが可能。クライアントから直接基幹システムに接続しないため、サーバ内の情報漏えいも防ぐことができるほか、ウイルス感染も防止できるという。

 同ソリューションの価格は個別見積りとなるが、シンクライアント本体の価格は最小構成で13万円からになるという。すでに日本HPの社内でも、見積りシステムでシンクライアントソリューションを導入しているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅

  2. コミュニケーション

    Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!

  3. クラウドコンピューティング

    データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件

  4. 経営

    脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説

  5. コミュニケーション

    事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]