モジュール型UPSに次世代モデル『Symmetra LX』が登場

~ 従来製品に比べ、標準価格15%、設置面積約20%、重量約30%削減。 Symmetra LXは、UPSブロックとバッテリを自在に組合せることで、冗長性と拡張性に富んだ電源バックアップを提供します~

株式会社APCジャパン 2005年07月21日

株式会社エーピーシー・ジャパン (本社:東京都品川区、代表取締役社長:デビッド・プルマー、以下APC)は、常時インバータ方式の中型UPS 『Symmetra LX (シメトラ エルエックス)』の全8モデルを2005年8月19日より販売開始いたします。 標準価格帯(税込)は、143万円 ~ 292万円です。

Symmetra LXは、パワーモジュール(UPS部分)、バッテリモジュール(電池部分)、インテリジェンスモジュール(頭脳部分)からなるモジュール型UPSです。本製品はこの特性を活かし、1) 自身の障害に備えてUPS自体を冗長化できる; 2)必要な分だけモジュールを追加すればよいので段階的な拡張が可能; 3) バックアップ時間を自在に変更できる; 4)全てのモジュールがホットスワップで交換できるためメンテナンスが容易、などのメリットを提供します。

APCは、負荷を分散して管理するレイドやディスク・アレイを応用して開発したモジュール型UPS 『Symmetraシリーズ』を1997年に世界に先駆けて発表し、1999年に日本市場へ投入しました。今回発売されるSymmetra LXは、同シリーズの後継機で、従来製品(※1)に比べ、標準価格が約15%、設置面積が約20%、重量が約30%削減されています。

Symmetra LXは、パワーモジュールを組合せることで出力容量を4~16kVAのレンジで自在に構成でき、バッテリモジュールは最大で61個まで接続可能ですので、バックアップ時間を必要に応じて拡張することができます。 また、今回のLXシリーズからは、タワー型だけでなくラックマウント型の新機種を追加し、お客様は全8モデルからシステム環境に見合った製品を選んでいただけます。

上記以外のLXの特長としては、出力電圧とプラグの種類を5つの背面パネルオプションから選択いただけることです。IT機器には100Vまたは200Vの入力電源が必要ですが、通常は異なる入力電圧に併せてUPSを個別に設置するか、トランスを別途設けて、利用します。 また、IT機器によってプラグ形状が異なるため、UPSの出力コンセント形状を変更するにはひと手間必要です。 これらの問題を解決するために今回のLXでは、100 / 200Vと複数のコンセント形状に対応した背面パネルから、必要なものを選択していただけるようになりました。

さらに、LANカードが標準添付されていますので、ネットワーク経由でUPSの再起動やイベントの通知、周辺温度の監視などが可能です。

Symmetra LXはUPS内部に冗長性を持たせることができ、かつバックアップ時間の拡張性にも優れているため、サーバやネットワーク機器だけでなくVoIP関連製品、ストレージやその他ダウンが許されない重要なアプリケーションにおける対障害、障害復旧向けのNCPI(※2)製品として最適です。


※1: 従来のSymmetraタワー型16kVAモデルと比較した場合
※2: ITシステムの可用性を高める物理インフラのこと。 APCは、ITシステムの運用に必要不可欠な物理基盤を提供しています。

用語解説

アメリカン・パワー・コンバージョンについて
1981年に設立されたアメリカン・パワー・コンバージョン(ナスダック取引名:APCC)は、世界規模に展開するNCPIソリューションプロバイダーです。ホーム環境や企業向けに設計されたAPCの包括的な製品やサービスは、あらゆる規模のIT環境、ネットワーク、通信、産業設備の可用性、管理性およびパフォーマンスの向上に貢献します。米国ロードアイランド州ウェストキングストンに本社を構えるAPCの総売上は、2004年度(2004年12月31日期末)で17億ドルです。 同社は、Fortune 1000社、ナスダック100社、S&P 500社の格付ランクにリストされています。

株式会社エーピーシー・ジャパンについて
APC Japan (本社:東京都品川区、代表取締役社長:デビッド・プルマー)は、1996年4月に設立された米国APC社全額出資の日本法人で、APC社製UPS(小中規模単相UPSおよび大容量三相UPS)、空調機器、ラック等の輸入販売、および保守サービスを提供しています。 同社の詳しい情報は (リンク ») をご覧下さい。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR