ネットワークカメラ「BB-HCM100」を発売

パナソニックコミュニケーションズ株式会社 2005年08月24日

パナソニック コミュニケーションズ㈱は、当社製IPv6対応のネットワークカメラのラインアップとして、10倍デジタルズーム機能(注1)と動作検知機能(注2)を搭載しつつ、レンズ部を固定タイプにすることでお求めやすい価格を実現した、ネットワークカメラBB-HCM100を9月22日より発売します。

本製品は、レンズ部が固定ですが10倍デジタルズーム機能を搭載しているので、デジタルズーム機能を使用してモニタリングする際には、拡大表示したまま画面スクロールさせてモニタリングすることができます。また、画像の変化を検知する動作検知機能も搭載しています。
さらに、本製品は画像と音声のモニタリングだけでなく、モニタリングしているパソコン側からネットワークカメラ側に対して音声を送信することもできる音声の双方向通信機能(トランシーバー方式)(注3)や、同一ブラウザ上で最大12台までのネットワークカメラの画像を一覧表示できるマルチカメラ機能を搭載するなど、基本機能を充実させたネットワークカメラです。

当社は、本製品を、当社製IPv6対応のネットワークカメラのラインアップに追加することで、定点モニタリング用のネットワークカメラとして手軽に導入できるようにしたほか、パン・チルト機構や光学ズーム機能などを搭載した当社製ネットワークカメラの多彩な商品群と組み合わせてさまざまな場所のモニタリングに活用できる商品として提案します。

品   名       :ネットワークカメラ
品   番       :BB-HCM100
本体希望小売価格(税込):41,790円
発 売 日       :9月22日
月 産 台 数     :1,000台

【お問合せ先】
パナソニック コミュニケーションズ㈱
ホームネットワークカンパニー 藤本、寺内
電話:092-477-1853

このプレスリリースの付帯情報

ネットワークカメラ BB-HCM100

用語解説

注1.10倍デジタルズーム機能は、倍率が高くなるにつれて、パソコンでのモニタリングの際の画質は低下します。携帯電話からは利用できません。
注2.動作検知機能は、解像度、画質の設定、被写体の状況などにより検知レベルが異なります。また、設定した検知レベルによっては機能しないことがあります。
注3.音声の双方向通信機能は、パソコンから利用できる機能です。携帯電話からは利用できません。パソコンから送信された音声を聞くためには、市販のアンプ内蔵スピーカーをカメラに取り付ける必要があります。トランシーバー方式のため、音声の送信と受信を同時には行えません。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR