PoE対応機能搭載のパン・チルト・ズームタイプのネットワークカメラを発売

業界初(注1)、パン・チルト・ズームタイプのネットワークカメラでPoE(注2)受電部を内蔵

パナソニックコミュニケーションズ株式会社 2005年12月12日

品名:ネットワークカメラ
品番:BB-HCE481
本体希望小売価格(税込)(注3):168,000円(税抜160,000円)
発売日:2006年1月13日
月産台数:1,000台

<主な特長>
1. 業界初(注1)、パン・チルト・ズームタイプのネットワークカメラでPoE(注2)受電部を内蔵
2. オートフォーカス21倍光学ズーム機能&高速・広角度のパン・チルト機構搭載
3. 音声の双方向通信機能(トランシーバー方式)(注4)を搭載


パナソニック コミュニケーションズ株式会社は、パン・チルト・ズームタイプのネットワークカメラで、イーサネットケーブルを介して電力の供給を可能にするPoE(注2)の規格(IEEE802.3af)に準拠したPoE受電部を業界で初めて(注1)内蔵した、ネットワークカメラBB-HCE481を2006年1月13日より発売します。

本製品は、PoE受電部を内蔵しているので、本製品と市販のPoE(注2)給電装置をイーサネットケーブルで接続することで、設置場所に電源コンセントがなくてもイーサネットケーブルから電力の供給を受けることができるものです。また、本製品は、オートフォーカス21倍光学ズーム機能と高速で広角度のパン・チルト機構を搭載して、広い範囲を詳細にモニタリングすることができます。
加えて、本製品は、音声の双方向通信機能(トランシーバー方式)(注4)を搭載しており、パソコン側からネットワークカメラ側に対して、音声を送信することもできます。
当社は今後も、さまざまな場所でより便利に簡単に利用できるよう、ネットワークカメラのラインアップを充実させ、幅広いユーザーニーズに対応していきます。


【お問い合わせ先】
パナソニック コミュニケーションズ(株)
ホームネットワークカンパニー  電話 092-477-1853

このプレスリリースの付帯情報

ネットワークカメラ BB-HCE481

用語解説

注1 パン・チルト・ズームタイプのネットワークカメラでPoE受電部を内蔵したものとして初めて。ご使用にあたっては、PoE給電装置が必要となります。動作確認済みPoE給電装置以外の機種につきましては動作保証いたしかねます。
PoE給電装置の動作確認機種につきましては、 (リンク ») にて順次公開していきます。
注2 Power over Ethernetの略。イーサネットケーブルを介して電力の供給を可能にする技術。
注3 本製品の価格には、配送・設置調整費、使用済み商品の引き取り費などは含まれていません。
注4 パソコンから利用できる機能です。携帯電話からは利用できません。パソコンから送信された音声に対して受け答えをするためには、市販のアンプ内蔵スピーカーと市販の外付けマイクを、カメラに取り付ける必要があります。トランシーバー方式のため、音声の送信と受信を同時には行えません。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!